肌が白い 肌が弱い

Sponsored Link

色白だと肌が弱いのは本当?

肌が白い人は肌が弱いことも多いようです。
少し日焼けしただけで肌が真っ赤になってしまい、下手すると火傷をしてしまいます。

 

過敏症やアトピー性皮膚炎の人も、肌の白い人が多いような気がします。
皮膚が弱いとメラニン色素を作る能力が低下するためという理由もあるようです。

 

メラニン色素とは紫外線のダメージを受けないようにする体の機能です。
この能力で劣るということは、肌の防衛機能があまり高くないことを意味します。

 

つまり、肌の白い人は紫外線からのダメージを受けやすいことになります。
陽に当たっているとすぐ真赤になり、火傷をしたようになってしまう経験からもこれについては間違いないでしょう。

 

肌の白い人はいろいろ誤解されることが多いようですが、肌の弱さに関しては誤解ではないわけですね。

 

ただ、紫外線への抵抗力はともかく、他のものにたいしてはなんとも言えません。
たとえば、化粧品とかなら肌の色よりも敏感肌とかのほうが関係ありますし、超がつく色白の自分の場合でいうなら脱毛器のレーザーに対しては炎症しにくいようで強いといえます。

 

体の部位とかによっても変わってくるので、一括りに色白=肌が弱いとするのは無理があるかもしれません。

 

しかしながら、炎天下において長時間肌を露出しての作業はしないほうがよさそうです。
プールの監視員や海の家の店員などを色白の人がやると、けっこう悲惨な状態になりかねません。

 

基本的なことになりますが、外出時は、長袖に帽子や日傘とフル装備で、肌にはしっかりとUVカットを塗って紫外線への備えはしておくべきです。

 

少しでも焼きたい場合は、弱めの日焼け止めでいきなり焼きすぎないようにしましょう。

 

それと、肌が白いと病弱なイメージがありますし、気弱そうに思える場合もありますが、肌の白さと病弱や気弱は関係がないでしょう。

 

透き通るような白い肌でもかなり強気の人はいるもので、イメージだけが1人歩きしている感じです。
いずれにせよ、勝手なイメージで人柄や性格まで決めつけられないようにはしておきましょう。

Sponsored Link