色白 遺伝

Sponsored Link

肌の白さや質は遺伝によってある程度決まる

生まれつき色白の人を羨ましい肌質と考えて「どうしてそんなに白いの?」と、憧れに似た感覚で疑問に感じる人も多そうです。

 

黄色人種である日本人ですが、肌が黄色という人はいなくて、大きくわけるなら色白タイプか色黒タイプになります。

 

この肌の色を決める要素は遺伝によるものが大きいようです。
先祖代々受け継ぐ生まれついての肌色とでもいえばいいでしょうか。
人種は日本人であれば同じですが、遺伝や家系によって、人それぞれ、肌色が異なってくるわけです。

 

皮膚表面にあるメラニン顆粒の大きさと量が、肌色を大きく左右します。

 

自分の肌色がもともと色白なのか、色黒なのかを調べるには、普段紫外線に当たらない、日焼けをしない部分を見てください。

 

お尻は、まず太陽の光を浴びない部分なので、このお尻の色で、自分の肌色タイプを知ることができるでしょう。

 

もしも顔の色が小麦色でも、お尻が白い方は、色白タイプと言えるのです。
色白タイプの方は、紫外線に対する防御能力が弱いという特徴があります。

 

こうした肌質や日焼けしても黒くならないという特徴は、遺伝によって体質が生まれつき決まっているわけです。

 

また色白タイプの方でも紫外線に当たることで、メラニン顆粒を作り出し、肌の色が黒くなることはあります。

 

しかし、紫外線に当たる機会が少なくなる冬にかけては、このメラニンが肌の老廃物と一緒に剥がれ落ちていくので、肌色が徐々に白くなり、本来の色に戻ります。

 

色黒の人が色白になるのも無理なのと同じで、肌がもともと白い人が地黒になるのもほとんど無理なのです。

Sponsored Link