肌が白い 引きこもり

Sponsored Link

色白だと引きこもりと誤解されたりもする

肌が白いのは、特に女性にとってはとても素敵なことです。
そうなりたいと日夜努力している女性もかなり大勢いるのはたしかでしょう。

 

しかし、肌の白さが時に誤解を生んでしまうこともあるのです。

 

たとえば、肌があまりに白くて、引きこもりと間違えられてしまうことも少なくありません。
確かに自室にこもりきりで出て来れない若者たちも、陽に当たることもないですからかなり色白であることは事実です。

 

でも、普段きちんと勤めに出ている人なのに色白というだけで引きこもりと間違えるのは困ったものです。
実際、色白肌の人はキレイな小麦色に焼けたりすることはありませんから、外にでていても白いことは多々あります。

 

また、仕事が内勤でお日様にあたることが少なければ、引きこもりでなくても色白になるのは当然です。

 

「なにその白さ!まるで引きこもりしてたみたいじゃない!」
女性同士でそのような会話がある時、その背後には、ねたみやっかみが隠されているなんてこともあるかもしれません。

 

逆に、引きこもりの若者を相手にして
「なんて真っ白なの!」
と叫ぶのもやめておきたいものです。

 

引きこもりゆえに、日にあたる機会が少なく色白になってしまうのは仕方がありません。
白くなりたい訳でもありませんし、色々な事情があって世間へ出ていかれないだけなのです。

 

普段から日焼けに気をつけている色白肌と、単に外に出られなくて結果的に色白肌になったのとは全然違います。

 

しかし、引きこもりでない健康的な美白の人たちもけっこうじっくり見ると赤いニキビや目の下のクマなど不健康そうな印象も見え隠れするのです。

 

また、誤解とは少し違いますが、色白が好みという人からただ白いというだけで好意を寄せられてしまうなんて話もあります。
白くて興味が湧いたのであれば、自分よりもっと白くてキレイな人に出会ったらすぐに捨てられてしまうでしょう。

 

美白美人という言葉もありますが、ただ色白肌というだけで誤解されることって意外と多いです。

Sponsored Link