色白 くすみ

Sponsored Link

肌の白い人にくすみができやすい理由

色白の人はくすみになりやすいと言われていますが、実際どうなのでしょう。
くすみができやすいというよりは、肌の白さゆえに特にくすみが目立ってしまうという考えもありますが、くすみができやすい理由もあります。

 

まず、くすみの原因ですが、これはさまざまです。

 

例えば紫外線。
紫外線を浴びると、どうしても肌でメラニンが生成されてしまいます。

 

それはもともと肌の奥を守るためなのですが、メラニンのおかげで肌が焼けてしまうのです。
肌はしばらくすれば剥がれ落ちて老廃物としてどこかへ行ってしまいます。

 

しかし、その時に余計に生成されたメラニンがあると肌の内部に残ってしまうのです。
それが「くすみ」の原因です。

 

また女性の場合、月経周期も関係してきます。
排卵期から次の生理までの間はメラニンが増えやすくなります。

 

そこで増えたメラニンもやはりくすみの原因となるのです。

 

また、糖化という現象が起こる時もくすみやすいと言われています。
糖化とは、肌の奥の真皮層のタンパク質が糖分と結びついて酸化することをいいます。

 

するともともと白かった肌が黄色くくすんでしまうのです。

 

この糖化によるくすみは老化現象だといわれています。
加齢による影響というのは、こうしたところまで忍び寄っているというわけです。

 

また、メイク直後はとてもキレイな仕上がりなのに、数時間たつと色がくすんで汚く見えることもあります。
これはファンデーションが肌の脂質を吸ってしまいそうなるのです。

 

ある程度は仕方がないでしょう。

 

また、お肌の皮脂分泌が過剰な場合もくすみが生じることがあります。
皮脂が多いと酸化してしまい、シミやくすみを引き起こします。

 

このように、もともと肌が白い人にはくすみができやすい理由がたくさんあります。

 

本当にくすんでいるだけでなく、目立つパターンもあるため、特に女性にとっては深刻な悩みになりそうです。

Sponsored Link