肌が白い アイシャドウ

Sponsored Link

色白の人が似合うアイシャドウを見つけるには?

肌が白い人はピッタリのアイシャドウを選ぶのが難しいといわれます。
確かに色白だと薄いアイシャドウでも目立ちやすいので、ケバクなりやすいです。

 

でも、色の選び方と乗せ方次第で魅せ方は工夫できます。

 

まず基本事項として、色白肌の人はアイシャドウもリップも普通につけても濃く見えるということを覚えておきましょう。
できるだけ控え目なつけ方のほうが自然な感じがしていいのです。

 

また、色白肌と一言でいっても、ベースカラーは人それぞれ違ってきます。
もって生まれた肌・髪・目の色でその人のベースカラーが決まってくるので、肌の色だけでは決めきれない部分もあります。

 

基本的に人はブルーベースかイエローベースかどちらかに分類することができます。
たとえ同じような色白肌であっても、ベースカラーが違えば似合う色も変わってくるわけです。

 

アイシャドウも似合わない色をつけてしまうと、ごく薄くつけても目だって仕方がありません。
逆に合った色であれば多少濃い目につけてしまってもそれほど目立たないのです。

 

また、派手になりがちなアイシャドウも単色で使うと落ち着いて見えたりはします。
単色でもグラデーションをかけると立体感を出すことだって可能です。

 

ブラウン系アイシャドウならナチュラルに見えていいかもしれません。
もともと色白肌の人は顔色が悪く見られがちですので、ブルー系やグリーン系よりもブラウン系のほうが温かみが出ていいでしょう。

 

あとはリップとファンデーションとの相性がよければキレイに見えるに違いありません。
もともとファンデーションを使わない色白肌の人もいますから、地肌がキレイという点を活かしてご自身にピッタリのカラーを見つけるといいでしょう。

Sponsored Link

肌が白いと似合うアイシャドウ選びが難しい関連ページ

似合うメイクや口紅
肌が白い人に似合う化粧や口紅を紹介しています。ピッタリのメイクをして明るい顔色になるようにしましょう。
下地で明るいイメージ作り
色白肌の人は化粧を厚く塗りたくらなくても下地だけで明るくクリアなイメージにすることができます。
ファンデーション選びの難しさ
色白肌だと自然な顔色になるファンデーションを見つけるのも苦労します。
チークで健康的な印象をあたえる
色白肌で見た目にも不健康なイメージが強い場合は、チークを使うと真逆の印象をあたえることもできます。
コンシーラーで気になる部分を隠す
色白すぎてメイクでは隠し切れない気になる部分がある場合は、コンシーラーを使ってカバーしてやるのがおすすめです。
ピッタリの髪型
肌が白い人に似合う髪型をご紹介しています。ヘアスタイルを変えると印象も大きく変わってくるものです。
白さが映えるヘアカラー
肌が白い人にはどんな髪色が似合うのでしょうか。真面目で健康的な印象をあたえるヘアカラーを紹介します。
似合う服装
肌が白い人に似合うファッションを紹介しています。服装は見た目の印象をガラッと変えてくれるものです。
かっこよさを目指す
肌が白い人でも「かっこいい!」と憧れや尊敬のまなざしで見られるために大切なことを紹介しています。