肌が白い チーク

Sponsored Link

色白肌ならチークで印象アップもできる

色白肌の人にとってなんとしても取り除きたい病弱や不健康そうな見た目を健康的に見せてくれるメイクがチークです。

 

若いころは地肌に血行の良さがよくあらわれていて、わざわざチークなどしなくてもいい人も少なくありません。
しかし、年齢を重ねると若さでは乗り切れないこともたくさんあります。

 

徐々にチークの使い方もマスターして、ナチュラルなメイクを身につけましょう。

 

チークの色が合っている時は、健康的に発色がよく見えるものです。

 

逆にチークの色が合わない場合は塗っていることが一目瞭然となってしまい、オカメインコのような印象を与えてしまうでしょう。
ですから、チークは効果がある代わりに失敗するともろに目立ってどうしようもなくなるという点は覚えておきたいです。

 

基本的に色白肌の人はピンク系が合う人が多いでしょう。
ブラウン系を使う場合は、キツイ印象になったり汚く見えたりしないように注意して使う必要があります。

 

レッド系を使う時は使い過ぎに気をつけたいものです。

 

基本的にチークは頬骨に沿ってカラーを入れていくのが無難な使い方になります。
丸くするよりも頬骨にそって斜めに入れると、顔が引きしまって小顔効果がでてくるからです。

 

特に丸顔で、なおかつ色白肌の人にはおススメの使い方といえます。

 

平坦な顔の多い日本人やアジア人は立体的なチークの入れ方をマスターするとグンとメイクが際立ちます。

 

チークを乗せる時は、乗せ過ぎにだけはいつも注意したいものです。
くまモンにならないようにしましょう。
ゆるきゃらでかわいく聞こえますが、実際にチークを乗せすぎると見た目はきついです。

 

ただチークの使い方をマスターして効果的に使うととても健康的なメイクができるので、失敗を恐れずにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

Sponsored Link

肌が白い人はチークを乗せると健康的な印象をあたえれる関連ページ

似合うメイクや口紅
肌が白い人に似合う化粧や口紅を紹介しています。ピッタリのメイクをして明るい顔色になるようにしましょう。
下地で明るいイメージ作り
色白肌の人は化粧を厚く塗りたくらなくても下地だけで明るくクリアなイメージにすることができます。
アイシャドウ選びのヒント
色白肌だとアイシャドウの主張が激しいため、自然なカラーのアイテムを選ぶのが大変です。
ファンデーション選びの難しさ
色白肌だと自然な顔色になるファンデーションを見つけるのも苦労します。
コンシーラーで気になる部分を隠す
色白すぎてメイクでは隠し切れない気になる部分がある場合は、コンシーラーを使ってカバーしてやるのがおすすめです。
ピッタリの髪型
肌が白い人に似合う髪型をご紹介しています。ヘアスタイルを変えると印象も大きく変わってくるものです。
白さが映えるヘアカラー
肌が白い人にはどんな髪色が似合うのでしょうか。真面目で健康的な印象をあたえるヘアカラーを紹介します。
似合う服装
肌が白い人に似合うファッションを紹介しています。服装は見た目の印象をガラッと変えてくれるものです。
かっこよさを目指す
肌が白い人でも「かっこいい!」と憧れや尊敬のまなざしで見られるために大切なことを紹介しています。