肌が白い 下地

Sponsored Link

色白肌なら下地だけでも明るいイメージができる

肌が白いとどうしても病弱に見えたり、不健康そうに見えるものです。
薄幸美人などという言葉もあるくらいなので、かわいそうなんて同情の目で見てしまう人もいるでしょう。

 

また、目の下のクマや赤いニキビ、シワやくすみも白い肌をベースにするとどうしても目立ちやすくなります。

 

健康的な色白肌なら女性のあこがれになりますが、病的なイメージや見た目はなんとかなくしたいものです。

 

見るからに顔色が悪そうな印象を与えがちな人は、しっかりと下地で明るくしておきましょう。
特にブルー系の青白い顔色の人は、ピンク系の化粧下地でベースを作ると明るさを増すことができます。

 

程度や色合いにもよりますが、色白肌であれば、あまり化粧の厚塗りをしなくても大丈夫な場合が多いと思います。
化粧下地だけでも十分という人も少なくありません。

 

そういう人は無理してファンデーションまでつけなくてもいいです。
無理にメイクをして粉っぽくならない方が素敵でいいでしょう。

 

下地に透明ジェルを使うこともおススメです。
そうすることで透き通るような真っ白な肌にすることが可能で、病的な白さではなく明るい美白系の白さになります。

 

お肌の透明感というのは、じつに軽い印象を与えるものです。
触ろうとしても手が通り抜けてしまうのではないか、というくらいの透明感はクリアなイメージになります。

 

単に顔面が真っ白になっている白塗りお化けとは違うものです。

 

見る角度で輝きが変わることで、立体的な透明感が感じられるようになります。
すっぴんに限りなく近いナチュラルメイクを身につけることができれば、地の白い肌が生きてくるのです。

 

肌の白さを武器にできるのは色白女性の特権ですよ!

Sponsored Link

肌が白い人は下地だけでも大丈夫関連ページ

似合うメイクや口紅
肌が白い人に似合う化粧や口紅を紹介しています。ピッタリのメイクをして明るい顔色になるようにしましょう。
アイシャドウ選びのヒント
色白肌だとアイシャドウの主張が激しいため、自然なカラーのアイテムを選ぶのが大変です。
ファンデーション選びの難しさ
色白肌だと自然な顔色になるファンデーションを見つけるのも苦労します。
チークで健康的な印象をあたえる
色白肌で見た目にも不健康なイメージが強い場合は、チークを使うと真逆の印象をあたえることもできます。
コンシーラーで気になる部分を隠す
色白すぎてメイクでは隠し切れない気になる部分がある場合は、コンシーラーを使ってカバーしてやるのがおすすめです。
ピッタリの髪型
肌が白い人に似合う髪型をご紹介しています。ヘアスタイルを変えると印象も大きく変わってくるものです。
白さが映えるヘアカラー
肌が白い人にはどんな髪色が似合うのでしょうか。真面目で健康的な印象をあたえるヘアカラーを紹介します。
似合う服装
肌が白い人に似合うファッションを紹介しています。服装は見た目の印象をガラッと変えてくれるものです。
かっこよさを目指す
肌が白い人でも「かっこいい!」と憧れや尊敬のまなざしで見られるために大切なことを紹介しています。