色白 似合う服

Sponsored Link

肌が白い人におすすめのファッションは?

一口に色白肌と言っても人によって肌の色や瞳の色は少しづつ異なりますよね。
元々の自分の肌色や瞳の色によって、人にはそれぞれ似合う服装や色などがあります。

 

自分に似合う服装を身につけることで、自分の肌色の見え方や顔立ちなどを大きく左右するものです。
似合う色、服装を身につけることで、肌の透明感が増してきて、顔立ちをすっきりと見せてくれる効果もあります。

 

このようにして、自分に似合う色のことをパーソナルカラーと言い、好みとはまた別ものです。

 

パーソナルカラーでは、スプリング、サマー、オータム、ウインターと4つに分類されています。

 

色白の方で、瞳や髪の色が濃くてはっきりとしているような方は、ウインタータイプに分類されます。
こんな方に似合う服装は、はっきりとした色の洋服で甘くなり過ぎないコーディネートがおすすめです。

 

白、赤、黒とはっきりとした色が似合い、モノトーンでも地味にならず、センスよく着こなすことができるでしょう。

 

青みのある色で、濃くて鮮やかな色を選ぶことがポイントのひとつです。

 

逆に避けたいのは、地味でぼやけた色で、水色やモスグリーン、ピンクやナチュラルなベージュやブラウンなどです。
こうした地味系の服は顔色が冴えない印象になってしまい、全体的に野暮ったくなってしまいます。

 

また色白の方でも、皆さんがウインタータイプとは限りませんので、もしも興味がある方は、パーソナルカラー診断を受けてみるのも良いかも知れませんね。

 

服装の力は思っている以上に大きなもので、肌の色以上に自分の印象を大きく変えくれることもあります。

 

ルックスというか、肌が白いことによる見た目のイメージが気になるなら、ファッションから変えてみるのはかなりおすすめです。

 

センスにあまり自信がない時やファッション雑誌を見ても自分とは肌色が違いすぎると感じた場合は、白人モデルの服装などを参考にしてみてください。

 

渋め、かわいい、かっこいいなど、色々なお洒落が発見できますよ。

Sponsored Link

色白に似合う服装は?関連ページ

似合うメイクや口紅
肌が白い人に似合う化粧や口紅を紹介しています。ピッタリのメイクをして明るい顔色になるようにしましょう。
下地で明るいイメージ作り
色白肌の人は化粧を厚く塗りたくらなくても下地だけで明るくクリアなイメージにすることができます。
アイシャドウ選びのヒント
色白肌だとアイシャドウの主張が激しいため、自然なカラーのアイテムを選ぶのが大変です。
ファンデーション選びの難しさ
色白肌だと自然な顔色になるファンデーションを見つけるのも苦労します。
チークで健康的な印象をあたえる
色白肌で見た目にも不健康なイメージが強い場合は、チークを使うと真逆の印象をあたえることもできます。
コンシーラーで気になる部分を隠す
色白すぎてメイクでは隠し切れない気になる部分がある場合は、コンシーラーを使ってカバーしてやるのがおすすめです。
ピッタリの髪型
肌が白い人に似合う髪型をご紹介しています。ヘアスタイルを変えると印象も大きく変わってくるものです。
白さが映えるヘアカラー
肌が白い人にはどんな髪色が似合うのでしょうか。真面目で健康的な印象をあたえるヘアカラーを紹介します。
かっこよさを目指す
肌が白い人でも「かっこいい!」と憧れや尊敬のまなざしで見られるために大切なことを紹介しています。