肌が白い コンシーラー

Sponsored Link

色白ゆえに目立つポイントはコンシーラーでカバー

肌が白い人は肌の上のいろんなものが目立って見えて大変です。
うらやましいなんていっていられません。

  • 目の下のクマ
  • シミやソバカス
  • 肌の下から透き通って見える血管
  • 真っ赤なニキビ

そんなさまざまなものを隠さないと、見栄えがしないのが色白肌ですよね。
病弱でなんとも幸薄そうに見られても困ります。

 

健康そうな小麦色の肌だったらどんなにいいだろう。
こんな時は普段以上に色黒に対するあこがれのような気持ちが強くなるのではないでしょうか。

 

とはいえ、色黒を目指すのは苦労も多いですから、女性ならばメイク術で隠すのがお手軽です。
基本となるファンデーションで隠しきれないシミなどの対策、あるいはファンデーションを使わない人は、コンシーラーでポイントの目隠しをするのがオススメです。

 

コンシーラーはベースカラーに合ったものをつかわないと、逆に目立ち過ぎてしまい格好が悪くなります。
この点はファンデーションやチークと同じ注意事項です。

 

ブルーベースの人がイエローベース用のコンシーラーを使おうとすると、黄色く目立ってしまっていけません。
ブルーベースの人にはブルーべース用のコンシーラーをぜひ使うようおススメしたいです。

 

コンシーラーを使った場合はかなりしっかりとカバーすることができます。
ピンポイントでカバーするので、ファンデーションの厚塗りにもならずにすむのです。

 

ただし色白肌が透き通るような白い場合、ピッタリのコンシーラーを見つけるのは至難の業ですから、ある程度のところで妥協する必要がでてくるかもしれません。
ファンデーションカラーだけでなく、ホワイトも場合によっては使うようです。

 

しっかりとコンシーラーでまずいところをカバーできれば、美しさは一層際立ちます。
コンシーラーを普段使っていない場合は余計な手間に感じるかもしれませんが、日々のメイクで気になる部分をカバーできていないなら使ってみる価値ありです。

Sponsored Link

肌が白い人は気になる部分をコンシーラーでカバーするのがおすすめ関連ページ

似合うメイクや口紅
肌が白い人に似合う化粧や口紅を紹介しています。ピッタリのメイクをして明るい顔色になるようにしましょう。
下地で明るいイメージ作り
色白肌の人は化粧を厚く塗りたくらなくても下地だけで明るくクリアなイメージにすることができます。
アイシャドウ選びのヒント
色白肌だとアイシャドウの主張が激しいため、自然なカラーのアイテムを選ぶのが大変です。
ファンデーション選びの難しさ
色白肌だと自然な顔色になるファンデーションを見つけるのも苦労します。
チークで健康的な印象をあたえる
色白肌で見た目にも不健康なイメージが強い場合は、チークを使うと真逆の印象をあたえることもできます。
ピッタリの髪型
肌が白い人に似合う髪型をご紹介しています。ヘアスタイルを変えると印象も大きく変わってくるものです。
白さが映えるヘアカラー
肌が白い人にはどんな髪色が似合うのでしょうか。真面目で健康的な印象をあたえるヘアカラーを紹介します。
似合う服装
肌が白い人に似合うファッションを紹介しています。服装は見た目の印象をガラッと変えてくれるものです。
かっこよさを目指す
肌が白い人でも「かっこいい!」と憧れや尊敬のまなざしで見られるために大切なことを紹介しています。