色白 かっこいい

Sponsored Link

「肌が白い=ダサイ」と思われないために!

肌が白い人はそれだけでマイナスのイメージがつきまとってしまいますから、普通肌の人から「ダサイ」なんて思われることもあります。
思われるだけならまだいいですが、口に出されてバカにされたりすると、落ち込むものです。

 

理想は「かっこいい!」と言われることですが、それが無理でもダサイなんて思われないようにしましょう。

 

そのために大切なのは、まず姿勢をよくすることです。
背筋を伸ばして胸を張るだけでも、なんとなく迫力がでてきます。

 

姿勢を正すときのコツは、背中をハルというよりも肩甲骨を寄せて胸を前に出すようなイメージです。
立っている時も足をしっかりと地面につけて、土踏まずの方向に地面を押すような感じにするとキレイな姿勢を維持できます。

 

この状態を常に保つようにしておけば、自信に満ちた表情に自然となりますから、相手にあたえる印象も大きく変わるものです。

 

色白肌で頼りない印象に悩んでいるなら、男女問わずおすすめなので、ぜひ姿勢矯正にチャレンジしてみてください。

男性なら筋トレ、女性はシェイプアップが大事

姿勢と同じくらい大切なのが、体型などの見た目に関する部分です。
顔のかっこよさやかわいさの問題ではなく、表情的な意味で相手からの印象が変わります。

 

色白でガリガリだと余計に頼りなく見えてしまいますから、男性なら筋トレをして体を鍛えておきましょう。

 

自分もモヤシっ子でしたが、今は体重も70キロくらいあるガッチリ体型になったことで、色白肌をイヤだと思うことはなくなりました。

 

白人のK1選手とか迫力あってかっこいいですよね。
あそこまでムキムキになる必要はないかもしれませんが、あのレベルなら肌が白くてもバカにされたりはしないと思いませんか?

 

日々体を鍛えておけば、色白にありがちな病弱なイメージも吹き飛ぶので、がんばって筋トレをしてみてください。

 

体力的な問題で筋トレが辛い女性の場合は、シェイプアップで体を引き締めるのがおすすめです。
モデル体型を目指すのもいいですが、姿勢矯正とあわせて、身体にメリハリをつけておくだけでもカッコよさが生まれます。

 

もともと色白は女性にとっては憧れのものですから、肌が白くて体型もキレイとなれば尊敬のまなざしで見られることだってあるかもしれません。

 

肌色がそのままでも見た目の印象を変えることは可能なので、できることから始めてみましょう。

Sponsored Link

色白でも「かっこいい」と言われるために!関連ページ

似合うメイクや口紅
肌が白い人に似合う化粧や口紅を紹介しています。ピッタリのメイクをして明るい顔色になるようにしましょう。
下地で明るいイメージ作り
色白肌の人は化粧を厚く塗りたくらなくても下地だけで明るくクリアなイメージにすることができます。
アイシャドウ選びのヒント
色白肌だとアイシャドウの主張が激しいため、自然なカラーのアイテムを選ぶのが大変です。
ファンデーション選びの難しさ
色白肌だと自然な顔色になるファンデーションを見つけるのも苦労します。
チークで健康的な印象をあたえる
色白肌で見た目にも不健康なイメージが強い場合は、チークを使うと真逆の印象をあたえることもできます。
コンシーラーで気になる部分を隠す
色白すぎてメイクでは隠し切れない気になる部分がある場合は、コンシーラーを使ってカバーしてやるのがおすすめです。
ピッタリの髪型
肌が白い人に似合う髪型をご紹介しています。ヘアスタイルを変えると印象も大きく変わってくるものです。
白さが映えるヘアカラー
肌が白い人にはどんな髪色が似合うのでしょうか。真面目で健康的な印象をあたえるヘアカラーを紹介します。
似合う服装
肌が白い人に似合うファッションを紹介しています。服装は見た目の印象をガラッと変えてくれるものです。