セルフタンニング 効果

Sponsored Link

セルフタンニングの効果と持続時間

太陽の下で紫外線をたっぷり浴びながらの日焼けは危険が一杯です。
キレイな小麦色の肌になるどころか、皮がむけて炎症を起こし、さらにシミやそばかすまでもが出来て大失敗なんてこともあります。

 

また、日サロに通えば肌トラブルをいっさい気にしなくていいというわけでもありません。
どういった方法であれ、日焼けにはリスクがつきものなのです。

 

こうした心配が一切なくて、憧れの小麦色の肌になれるのがセルフタンニングです。

 

セルフタンニングは、紫外線を浴びることなくまるで日焼けをしたかのような小麦色の肌になる方法で、サンレスタンニングとも言われています。

 

専用のセルフタンニングローションが市販されているので、これを顔や足、腕など、小麦色にしたい肌の部分にムラなく塗るだけです。

 

この専用のローションの成分には、肌の角質部分の色を変色させる効果があります。
たったの数時間で、とてもお手軽かつ簡単に、憧れのキレイなブロンズ色の肌になれるのです。

 

セルフタンニングローションの持続時間は個人差もありますが、だいたい5〜10日くらいで、次第に元の肌色に戻っていきます。

 

まったく落ちなくてずっと黒いまま・・といった心配もないので、「海やプールへのお出かけ前に少しでも肌色を黒に近づけたいけど、日焼けする時間がない!」といった状況なら便利ではないでしょうか。

 

紫外線に対する防御力がとても弱い色白の人は、急に日焼けをしたりするとかなりの肌ダメージとなり、ヒリヒリと肌が痛み、赤く炎症を起こすだけで終わってしまうことが多々ありますよね。
こうした人で小麦肌を手に入れる手段をお探しなら、特にこのセルフタンニングがおすすめです。

 

肌へのダメージが全くなくて、しかも健康的な小麦肌が手に入る優れものですから、紫外線の害が周知されれば男女問わずかなり流行するかもしれません。

 

興味がある方は一度試してみてはどうでしょうか。

Sponsored Link

セルフタンニングの効果と持続時間関連ページ

日焼けでブロンズ肌を目指す?
色白肌の人は日焼けしても炎症を起こすだけなので、なかなか思い描いた小麦色の肌にはなりにくいです。
日サロで小麦肌
紫外線は浴びたくないけど、小麦肌にはなりたい!そんな人は日焼けサロンで焼くとキレイな褐色肌になります。
小麦肌をキープするには?
小麦肌をキープする色々な方法について、メリットやリスクをからめつつ説明しています。
日焼けせずに色黒になる方法
肌が白い人は日焼けしてもキレイな小麦肌にはなりにくいです。直射日光を浴びずに色黒になる方法をお伝えします。
セルフタンニングのデメリット
紫外線の影響を気にせずにブロンズ肌になれる便利なセルフタンニングローションですが、いくつかデメリットもあります。
敏感肌でもセルフタンニングはできる?
セルフタンニングローションは肌が弱い人や刺激に敏感な人でも使えるものなのでしょうか?