セルフタンニング 敏感肌

Sponsored Link

セルフタンニングは敏感肌の人でも使えますか?

小麦肌を手に入れるための手段として、焼かなくてもいいセルフタンニングはおすすめです。
ただ、敏感肌の人でも問題なくローションを使えるものなのでしょうか。

 

敏感肌とまでいかなくても、色白の人はもともと肌が弱かったり刺激に対する回復力や抵抗力が低いですから、肌トラブルが心配になるかもしれません。

 

ブロンズ肌になる他の手段、直射日光による日焼けや日サロに通うよりはセルフタンニングのほうが肌へのダメージが低いことはたしかです。
直射日光は当然として、日サロのマシンでも紫外線があるわけですから、リスクの多さでは比べるまでもありません。

 

しかし、紫外線によるダメージがないとはいえ、ローションによる肌荒れなどはありえます。
化粧品などでかぶれたりしたことがある人は、同じような肌トラブルが起こるかもしれません。

 

肌荒れのリスクやレベルは紫外線によるものとセルフタンニングローションによるものでは次元が違いますが、一応、可能性の話として事前に知っておいたほうがいいでしょう。

 

肌質や専用のローションの成分によっては、ひどい肌荒れが起こる可能性はありますので、化粧品を使う時と同じようにパッチテストをしておくと安心です。
試し塗りを少しだけして肌の状態を確認し、問題なければ使いつづけるようにすればいいでしょう。

 

セルフタンニングは肌への負担という点では基本的に日焼けよりも全然いいものですから、よほど特別な肌タイプでもない限り、問題なく使えるはずです。

Sponsored Link

セルフタンニングローションは敏感肌でも使える?関連ページ

日焼けでブロンズ肌を目指す?
色白肌の人は日焼けしても炎症を起こすだけなので、なかなか思い描いた小麦色の肌にはなりにくいです。
日サロで小麦肌
紫外線は浴びたくないけど、小麦肌にはなりたい!そんな人は日焼けサロンで焼くとキレイな褐色肌になります。
小麦肌をキープするには?
小麦肌をキープする色々な方法について、メリットやリスクをからめつつ説明しています。
日焼けせずに色黒になる方法
肌が白い人は日焼けしてもキレイな小麦肌にはなりにくいです。直射日光を浴びずに色黒になる方法をお伝えします。
セルフタンニングの効果と持続時間
紫外線を浴びなくても小麦肌になれるセルフタンニングローションの効果とその持続時間について説明しています。
セルフタンニングのデメリット
紫外線の影響を気にせずにブロンズ肌になれる便利なセルフタンニングローションですが、いくつかデメリットもあります。