セルフタンニング デメリット

Sponsored Link

セルフタンニングローションのデメリット

手軽にいつでも小麦色の肌になれるセルフタンニングは、サンレスタンニングという言い方もされます。

 

専用のセルフタンニングローションを肌に塗るだけで、太陽で肌を焼かなくても小麦色の肌になれるという話題の商品です。

 

過度な日焼けによる肌へのダメージが懸念される中、このセルフタンニングなら、紫外線による肌トラブルや光老化といった心配が全くないので、注目を集めています。

 

太陽の下で肌を焼かずに、まるで日焼けをしているかのように見せることができるため、良いことばかりのように見えますが、もちろんいくつかのデメリットもあるものです。

 

まず、上手に塗らないと色ムラになりやすいことや、1週間程度で色が落ちるので、その度にまた塗る必要があるので面倒である、ということなどがあげられます。
褐色肌をキープしたい場合はずっと使いつづけないとダメですから、どこまで続けるかを考えておく必要もありそうです。

 

また、特に色白の方がセルフタンニングをした場合、小麦色の肌になると言うよりも、黄色がかった肌になってしまうこともあります。
塗り方の慣れの問題もありますが、ブロンズ肌を目指したい方にとっては、少し理想とは違う肌色になる可能性もあるのです。

 

キレイに塗れて自分的には理想の肌色になったつもりでも、人工的に作った色黒ですから不自然さが残ることもあります。
もともと肌が白い人が、突然、真っ黒になると周囲の人には違和感が残るかもしれません。

 

日常的に使う時のデメリットですが、ローションがもしも服についたりしたら落とすのはなかなか大変です。
ですから、きちんと乾くまでは裸で過ごさないとダメなので、使うタイミングも見極める必要があります。

 

それと、どのメーカーの商品を使うか?にもよりますが、ローションによっては独特のニオイがするものや不快臭のするものもあるようです。
よほどの粗悪品でない限り気になるレベルではないですが、鼻がきく人なども注意しておいたほうがいいかもしれません。

 

これからセルフタンニングに挑戦してみよう、という方は、以上のようなデメリットもよく知った上で試してみて下さいね。

 

デメリットがあるとはいえ、色白肌がコンプレックスな人にとって、手軽に健康的な小麦色の肌になれるセルフタンニングはとてもおすすめです。

 

色白の人は普通の肌、色黒の肌の方以上に、紫外線による肌ダメージが大きいので、それを気にしなくていいというメリットは大きいのではないでしょうか。

 

いろいろなタイプのローションが販売されているので、クチコミなどを参考にして、一度試してみるのも良いかも知れません。

Sponsored Link

セルフタンニングのデメリット関連ページ

日焼けでブロンズ肌を目指す?
色白肌の人は日焼けしても炎症を起こすだけなので、なかなか思い描いた小麦色の肌にはなりにくいです。
日サロで小麦肌
紫外線は浴びたくないけど、小麦肌にはなりたい!そんな人は日焼けサロンで焼くとキレイな褐色肌になります。
小麦肌をキープするには?
小麦肌をキープする色々な方法について、メリットやリスクをからめつつ説明しています。
日焼けせずに色黒になる方法
肌が白い人は日焼けしてもキレイな小麦肌にはなりにくいです。直射日光を浴びずに色黒になる方法をお伝えします。
セルフタンニングの効果と持続時間
紫外線を浴びなくても小麦肌になれるセルフタンニングローションの効果とその持続時間について説明しています。
敏感肌でもセルフタンニングはできる?
セルフタンニングローションは肌が弱い人や刺激に敏感な人でも使えるものなのでしょうか?