ブロンズ肌 作り方

Sponsored Link

焼かずに小麦肌を作れるセルフタンニング

色白の人にとって、直射日光に頼った日焼けはデメリットが多いです。
肌は真っ赤に腫れ上がり、軽い火傷のような状態で全身がヒリヒリ痛んだりもします。

 

炎症が治まった後で肌色が少しでもブロンズ色に近づけばいいのですが、多くの場合、皮がむけて元の白い肌に戻るだけではないでしょうか。

 

自分の場合は皮はそこまでむけませんが、日焼けしても赤くなる→数日で元通りというパターンの肌質です。

 

また、紫外線は人体に悪影響なものですから、色白がイヤだったとしても生まれつき日焼けしにくい肌タイプの人が無理に焼こうとするのは好ましくありません。

 

「日焼けせずにキレイな小麦肌の作り方を知りたい!」そんな人におすすめなのがセルフタンニングです。

 

セルフタンニングとはローションを塗るだけで肌色を黒くするというものです。
ローションが皮膚表面の角質に作用して色をつけてくれます。

 

メラニン増加による日焼けとは根本的に違うものですから、紫外線の影響を心配せずに色黒肌を実現可能です。

 

セルフタンニングローションの種類によって色の出方やニオイ、効果には違いがありますが、基本的にどのメーカーの商品でも塗るだけでブロンズ肌になれます。

 

セルフタンニングをした後で日焼けをしても特に問題もありませんから、海やプールへ行く前だけ塗るといった使い方も可能です。
または、軽く日焼けする前提で下地代わりに使うこともできます。

 

セルフタンニングローションはサンオイルではありませんから、その点だけ勘違いしないようにしておきましょう。

 

セルフタンニングは角質部分の色だけが変わっているため、2〜3日、長くても5〜10日ほど放っておけば肌の角質と一緒に色も落ちます。
一度塗ったらずっと不自然な色黒状態になるという心配もないので、気になる人は試してみてはどうでしょうか。

 

「肌の白さがコンプレックスだけど日焼けはできない」「日サロに通うのはイヤだけど、憧れの小麦肌になりたい」そういった人にとっては、気軽に色黒になれる手段として選ばれています。

Sponsored Link

色黒になりたい!日焼けに頼らないブロンズ肌の作り方関連ページ

日焼けでブロンズ肌を目指す?
色白肌の人は日焼けしても炎症を起こすだけなので、なかなか思い描いた小麦色の肌にはなりにくいです。
日サロで小麦肌
紫外線は浴びたくないけど、小麦肌にはなりたい!そんな人は日焼けサロンで焼くとキレイな褐色肌になります。
小麦肌をキープするには?
小麦肌をキープする色々な方法について、メリットやリスクをからめつつ説明しています。
セルフタンニングの効果と持続時間
紫外線を浴びなくても小麦肌になれるセルフタンニングローションの効果とその持続時間について説明しています。
セルフタンニングのデメリット
紫外線の影響を気にせずにブロンズ肌になれる便利なセルフタンニングローションですが、いくつかデメリットもあります。
敏感肌でもセルフタンニングはできる?
セルフタンニングローションは肌が弱い人や刺激に敏感な人でも使えるものなのでしょうか?