ブロンズ肌 日サロ

Sponsored Link

日焼けサロンなら肌トラブルのリスクをおさえて小麦肌になれる

紫外線の肌への悪影響を心配して、日焼けサロンでブロンズ肌を目指す人も多いかもしれません。

 

海や山に出かけて日焼けをする場合、肌を焼きすぎてしまうことが心配ですが、日焼けサロンなら自分の好きな肌色に調整することができますし、海や山に遠出をしなくても割りと手軽にブロンズ肌になれるので、人気のようです。

 

日焼けには、小麦色の肌になれるサンタンニングと、やけどをしてしまうサンバーンの2種類があります。

 

色白の人は紫外線に対しての肌の防衛能力が低いので、急に日焼けをすることでやけどをしてしまい、肌に炎症を起こす、サンバーンになりやすいのです。
せっかく小麦色の肌になりたかったのに、これでは台無しですね。

 

このサンバーンはシミなどの肌トラブルを招いたりしますし、最悪のケースでは皮膚がんの原因にもなる、とても恐いものです。

 

ですのでこのようなことを回避するという意味でも、日焼けサロンは有効といえます。

 

また上手に日焼けをすること、サンタンニングをすることで、ブロンズ肌になれると同時に、紫外線に対する肌の防衛能力をアップすることも可能です。
肌が白い人とは対象的に、うまれつき地黒の人が日焼けで炎症したりしないのは肌の抵抗力が強いからでしょう。

日サロで焼く時の注意点

日焼けサロンは、1回通うだけでブロンズ肌になれるわけではありません。
「どの程度の色にしたいか?」「もともとの肌色はどのくらいか?」といった点でも変わりますが、理想的なブロンズ肌になるためには、3,4回は通う事になります。

 

ここで注意したいことは、色白の人は紫外線にとても弱いので、マシンも出力の弱いものからはじめて短い時間ずつ行い、少しずつ肌を慣らしていくことが大切です。

 

肌が白い人が憧れのブロンズ肌を手にいれるためには、短時間で回数を重ねることがポイントになります。
ですから、普通の人よりは通う回数が多くなるかもしれません。

 

また、日サロのマシンでも火傷のリスクや肌への影響がないわけではありません。
直射日光による日焼けよりはいくらかマシですが、長期間にわたって無理に焼き続けると悪影響がでる可能性はあります。

 

繰り返し通うにはお金もかかりますから、デメリットも理解した上で上手に利用するようにしましょう。

Sponsored Link

ブロンズ肌になる方法【日サロ編】関連ページ

日焼けでブロンズ肌を目指す?
色白肌の人は日焼けしても炎症を起こすだけなので、なかなか思い描いた小麦色の肌にはなりにくいです。
小麦肌をキープするには?
小麦肌をキープする色々な方法について、メリットやリスクをからめつつ説明しています。
日焼けせずに色黒になる方法
肌が白い人は日焼けしてもキレイな小麦肌にはなりにくいです。直射日光を浴びずに色黒になる方法をお伝えします。
セルフタンニングの効果と持続時間
紫外線を浴びなくても小麦肌になれるセルフタンニングローションの効果とその持続時間について説明しています。
セルフタンニングのデメリット
紫外線の影響を気にせずにブロンズ肌になれる便利なセルフタンニングローションですが、いくつかデメリットもあります。
敏感肌でもセルフタンニングはできる?
セルフタンニングローションは肌が弱い人や刺激に敏感な人でも使えるものなのでしょうか?