小麦肌 維持

Sponsored Link

小麦肌をキープするには?

色白肌で悩むのは、どちらかというと女性より男性のほうが多いことでしょう。
男性は強くみられたい、頼りなくみられるのはイヤという願望が強いからです。

 

いざという時に大切な女性や家族を守らなければなりません。
頼りがいのある人間に見られたいのです。

 

小麦色に焼けた肌はじつに健康的に見えますよね。

 

実際のところは、小麦色の肌をしているから健康だとはいえず、それは人の印象にすぎません。
ただ、その印象が事を決してしまうこともあるからこそ、いい加減にはできないのではないでしょうか。

 

しかし、もともと色白肌であれば日焼けをしようとしてもキレイに焼けないですし、なんとかがんばって焼いても、その小麦肌を維持するのはひと苦労です。

 

小麦色の肌を維持するのに、日焼けマシンを利用する男性も大勢います。
太陽の元で焼いた後でも、定期的に通うことで常にキレイな小麦肌をキープすることが可能です。

 

色白で日焼けするとすぐに真っ赤になってしまうならば少しずつ日焼けできるので、最初から日サロの低出力で焼くほうが、サンバーンにならずに健康的な小麦色の肌を手に入れることができます。

 

また、焼けないで小麦色の肌になる方法として、小麦色の肌になれるスキンクリームを塗るのも手です。
これは焼いた後のムラに対してつかうこともできます。

 

もちろん、茶色の靴クリームやどうらんとは違うので試してみてもいいかもしれません。

 

シャワーを浴びたりプールで泳いだりしても、色落ちしたりはしないので、肌の色を維持するだけなら適しています。

 

小麦色クリームの成分が肌の角質層のタンパク質と結合して小麦色に変わるのです。
メラニン色素を刺激したりはしませんから、紫外線を浴びまくる直射日光の日焼けよりはリスクは少なくなります。

 

また、紫外線に当たって焼く場合にはUVクリームを使って徐々に焼けるようにしていきましょう。
一度に焼いてしまうと本当の火傷になってしまいますし、小麦肌どころではなくなるので注意です。

Sponsored Link

小麦肌を維持するにはどうしたらいいのか?関連ページ

日焼けでブロンズ肌を目指す?
色白肌の人は日焼けしても炎症を起こすだけなので、なかなか思い描いた小麦色の肌にはなりにくいです。
日サロで小麦肌
紫外線は浴びたくないけど、小麦肌にはなりたい!そんな人は日焼けサロンで焼くとキレイな褐色肌になります。
日焼けせずに色黒になる方法
肌が白い人は日焼けしてもキレイな小麦肌にはなりにくいです。直射日光を浴びずに色黒になる方法をお伝えします。
セルフタンニングの効果と持続時間
紫外線を浴びなくても小麦肌になれるセルフタンニングローションの効果とその持続時間について説明しています。
セルフタンニングのデメリット
紫外線の影響を気にせずにブロンズ肌になれる便利なセルフタンニングローションですが、いくつかデメリットもあります。
敏感肌でもセルフタンニングはできる?
セルフタンニングローションは肌が弱い人や刺激に敏感な人でも使えるものなのでしょうか?