ブロンズ肌 日焼け

Sponsored Link

ブロンズ肌を目指す時でも日焼けはおすすめできない

もともと肌が白い人にとっては美白ブームでさえ色白が不健康に見えるなどの理由でコンプレックスになってしまうものです。
ブロンズ肌が流行になったりすると、さらに健康的な肌色に憧れる人も増えるかもしれませんから、色白肌の人は余計に周囲の目が気になってしまいます。

 

最近では、男性だけでなく女性でも引き締まったしなやかなボディ、そして日焼けした健康的なブロンズ肌を目指す人が増えてきているようなのです。

 

しかしだからといって、一昔前のように海や山、日焼けサロンに出かけて、紫外線を浴びまくる、、という無茶な日焼けは避けるほうがいいでしょう。

 

すでによくご存知かと思いますが、紫外線の肌への悪影響はとても大きなもので、ただ肌が小麦色になるだけでは済まされないものだからです。

 

肌が白すぎるのがイヤだという人や若い世代の方なら「ブロンズ肌になって嬉しい!」で済むかもしれませんが、紫外線は肌の奥深くにまで届いて、シミやシワ、たるみなどの肌老化の原因となります。

 

特に色白肌の人は、紫外線による肌老化を招きやすい肌質なのです。

 

短期的なスパンで見ると、「色白の人は真っ赤になって焼けにくく、普通の人なら小麦肌になる」くらいの話ですが、一年中、紫外線をたくさん浴びている人は、ある程度の年齢になると肌老化がグンと進み、見た目年齢をかなりあげてしまうことになります。

 

将来にまで紫外線のリスクを背負わないためにも、憧れのブロンズ肌を目指すなら、直射日光による日焼けをするのではなくて、ファンデーションを使うことをおすすめします。

 

肌へのダメージがなくて、ブロンズ肌になるなら、暗めのリキッドファンデーションを、ボディミルクと混ぜて顔や体に塗り伸ばすのがおすすめです。

 

これなら紫外線を一切浴びなくてもブロンズ肌が手に入ります。

 

女性よりも色白の自分の意見ですが、肌が白く弱い人は正攻法の手段で日焼けをして小麦色になるのは現実的ではないので、変化球でブロンズ肌を目指すのがおすすめです。

Sponsored Link

ブロンズ肌は日焼けでできる?関連ページ

日サロで小麦肌
紫外線は浴びたくないけど、小麦肌にはなりたい!そんな人は日焼けサロンで焼くとキレイな褐色肌になります。
小麦肌をキープするには?
小麦肌をキープする色々な方法について、メリットやリスクをからめつつ説明しています。
日焼けせずに色黒になる方法
肌が白い人は日焼けしてもキレイな小麦肌にはなりにくいです。直射日光を浴びずに色黒になる方法をお伝えします。
セルフタンニングの効果と持続時間
紫外線を浴びなくても小麦肌になれるセルフタンニングローションの効果とその持続時間について説明しています。
セルフタンニングのデメリット
紫外線の影響を気にせずにブロンズ肌になれる便利なセルフタンニングローションですが、いくつかデメリットもあります。
敏感肌でもセルフタンニングはできる?
セルフタンニングローションは肌が弱い人や刺激に敏感な人でも使えるものなのでしょうか?