紫外線 肌 老化

Sponsored Link

紫外線A波がまねく肌の老化

紫外線による肌の老化はとても深刻なものです。

 

肌のアンチエイジングのために、いろいろなサプリメントや高価なコスメを利用しても、紫外線を長く浴びてしまっていては、肌の老化はどんどん進行してしまいます。

 

短時間浴びただけでも肌への大きなダメージとなる紫外線は、しみやしわ、たるみといった肌老化の原因となるものです。この紫外線による肌老化は、光老化とも呼ばれています。

 

紫外線には肌の真皮層まで届く紫外線A波と、肌表面に影響を与える紫外線B波の2タイプありますが、光老化の原因となっているのは、紫外線A波の方です。

 

紫外線A波はとても波長が長いのが特徴で、注意しておきたいのは、日差しの強い日だけでなく曇の日でも降り注いでいるという点です。

 

紫外線A波は肌の真皮層まで届いてしまうため、浴び続けると肌のハリや弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチンをドンドン壊してしまいます。
紫外線A波によってコラーゲンやエラスチンは変形されてしまい、肌のハリや弾力が失わることになるわけです。

 

肌からハリ・弾力が失われていくと、しわやたるみなどの肌老化の進行をまねきます。

 

そして、色白の人や肌がデリケートな人は、紫外線A波に特に弱いです。
紫外線A波から肌を守ってくれる働きがあるメラニン色素の生成能力が乏しいため、肌を保護しにくいのです。

 

色白の人は日にあたって黒くならないものの、肌の奥へのダメージが大きく、光老化が現れやすいとも言われています。

 

そうした点からも、色白解消の手段として日焼けをするのはあまりオススメとは言えません。

 

晴れた日にしか降り注がない紫外線B波とは違い、曇の日でもいつでも降り注いでいて、知らないうちに肌の奥にダメージを与えている紫外線A波から肌を守るためには、外出時にはいつでも日焼け止めを塗るといったUVケアが必要です。

 

冬でも意識的に紫外線対策をしておかないと肌の老化が早まってしまうので、マメなお手入れを心がけるようにしましょう。

Sponsored Link

紫外線による肌の老化関連ページ

肌への悪影響
紫外線は肌に悪影響をあたえるもので、ダメージが蓄積されると肌トラブルや皮膚疾患につながります。
髪へのダメージ
紫外線の弊害は肌に対するものが注目されがちですが、髪にもダメージをあたえているので注意が必要です。
目への影響
紫外線の影響の中でも見落とされがちなのが目への負担です。目に対して紫外線はどのような悪影響をあたえるのでしょうか。
ニキビの原因になることも?
シミやシワ、たるみなどが紫外線の肌トラブルの代表ですが、吹き出物やニキビの原因になることもあります。
シワの増加
紫外線は色々な肌トラブルを招きますが、女性にとって深刻なシワを増やすこともあります。
シミができる理由
紫外線を浴びすぎるとシミができるのはなぜか?その理由について解説しています。
シミ対策
紫外線の浴びすぎによって肌表面にシミができてしまった時の対策について解説しています。