紫外線 ニキビ

Sponsored Link

紫外線はニキビや吹き出物を作ることもある

太陽から発せられている紫外線は、しみやそばかす、さらにはしわやたるみなどの原因になり、肌老化を促進させる、とても恐いものです。

 

目や髪にも悪影響を及ぼす上、皮膚がんのリスクも高めてしまいます。

 

こうした様々な害があるので、「紫外線は美容の大敵である」というのは今や多くの女性の常識となっていることでしょう。

 

紫外線による肌トラブルで日常的に悩んでいる人は多いですが、実はあまり知られていないこととして、紫外線がニキビの原因になるというのがあります。

 

一般的に油というのは、熱や空気中の酸素、さらには紫外線によって酸化して、最後には黒い固形状の物質に変わるものです。
肌の上でも実はこれと同様の現象が起こっていて、油分である肌の脂質は、紫外線を浴びることで酸化していきます。

 

皮脂が酸化することで、過酸化脂質となるのですが、これが肌にダメージを与えてしまうのです。

 

肌表面の角質を厚くするので、皮脂の出口となっている毛穴の詰まりの原因となります。

 

毛穴が詰まることで、皮脂はさらに酸化して、毛穴の汚れや毛穴のブツブツ、そして炎症などを起こしていきます。

 

これがニキビや吹き出物の原因になっていくのです。

 

さらに、紫外線をたくさん浴びることで、肌表面の細胞には大きなダメージが加わっていき、肌のターンオーバーを乱してしまいます。
ターンオーバーが乱れることで、肌の機能が低下して、ニキビや乾燥肌、くすみ肌を招くのです。

 

また紫外線は、メラニン色素をたくさん生成しますので、ニキビ跡の色素沈着をさらに悪化させる原因にもなっています。

 

自分は肌の炎症はよく経験しますが、ニキビまではできたことがありません。
しかし、同じような色白の方は紫外線に弱い肌なのですから、ニキビや吹き出物ができやすいという人もいるのではないでしょうか。

 

過去にニキビができたことがない場合でも、強い日差しにあたり続けるとニキビや吹き出物ができる可能性も十分ありえます。
見た目も不格好になってしまいますから、予防策としてスキンケアは欠かさないようにしておきましょう。

Sponsored Link

紫外線によってできるニキビや吹き出物関連ページ

肌への悪影響
紫外線は肌に悪影響をあたえるもので、ダメージが蓄積されると肌トラブルや皮膚疾患につながります。
肌の老化を招く
紫外線の影響の中でも怖いのが肌の老化です。日差しの強い夏だけでなく、日常レベルや冬であっても肌にダメージを与えて老化を招きます。
髪へのダメージ
紫外線の弊害は肌に対するものが注目されがちですが、髪にもダメージをあたえているので注意が必要です。
目への影響
紫外線の影響の中でも見落とされがちなのが目への負担です。目に対して紫外線はどのような悪影響をあたえるのでしょうか。
シワの増加
紫外線は色々な肌トラブルを招きますが、女性にとって深刻なシワを増やすこともあります。
シミができる理由
紫外線を浴びすぎるとシミができるのはなぜか?その理由について解説しています。
シミ対策
紫外線の浴びすぎによって肌表面にシミができてしまった時の対策について解説しています。