シミ 紫外線 原因

Sponsored Link

紫外線を浴びるとシミができるのはなぜ?

年齢を重ねるにつれて肌のシミが気になってきた、という方は多いのではないでしょうか。

 

シミと紫外線は大きな関わりがあります。
なんとなく、紫外線を浴びることでシミが出来てしまう、ということは知っていても、どうしてシミが紫外線で出来てしまうかの、詳しい原因を知っている方は少ないかも知れませんね。

 

ではここで簡単にご説明しますね。

 

紫外線をたくさん浴びることで、肌表面にあるメラニン色素を作る細胞であるメラノサイトや肌表面を構成する細胞であるケラチノサイトの遺伝子にダメージが加わります。

 

紫外線によって細胞の遺伝子にダメージを受けることで、メラニンが異常生成されてしまい、これがシミの原因になってしまうのです。

 

若いころであれば、肌の回復力も高いので、シミにならなかったのですが、年齢とともに肌の回復力も衰えていくので、30代あたりからシミがグンと目立つようになるのですね。

 

そしてもう一つ。

 

紫外線を浴びることで、メラノサイトが活性化されて、シミの元になる、メラニン色素を作り出す、ということもシミができる原因となっています。

 

紫外線を長時間浴びることで、メラノサイトが活性化され、メラニン色素を作るのです。

 

これはシミの原因となると同時に、肌の奥深くにまで紫外線が届かないようにしてくれるという大切な役割もあるのです。

 

そうです、このシミの原因となるメラニンは、紫外線を肌から守ってくれるという重要な働きもあるのです。

 

色白の方は、このメラニン色素を作り出す力が低いので、紫外線を浴びても肌が黒くなりにくいのですが、肌の奥深くにまで紫外線が届きやすい、という特徴があります。

 

シワやたるみなどの肌老化を早めることになるので、紫外線をできるだけ浴びないようにしましょう。

Sponsored Link

シミが紫外線でできる原因関連ページ

肌への悪影響
紫外線は肌に悪影響をあたえるもので、ダメージが蓄積されると肌トラブルや皮膚疾患につながります。
肌の老化を招く
紫外線の影響の中でも怖いのが肌の老化です。日差しの強い夏だけでなく、日常レベルや冬であっても肌にダメージを与えて老化を招きます。
髪へのダメージ
紫外線の弊害は肌に対するものが注目されがちですが、髪にもダメージをあたえているので注意が必要です。
目への影響
紫外線の影響の中でも見落とされがちなのが目への負担です。目に対して紫外線はどのような悪影響をあたえるのでしょうか。
ニキビの原因になることも?
シミやシワ、たるみなどが紫外線の肌トラブルの代表ですが、吹き出物やニキビの原因になることもあります。
シワの増加
紫外線は色々な肌トラブルを招きますが、女性にとって深刻なシワを増やすこともあります。
シミ対策
紫外線の浴びすぎによって肌表面にシミができてしまった時の対策について解説しています。