紫外線 影響 目

Sponsored Link

強い紫外線は目の病気の原因にもなる

紫外線が強くなるのは一年でも5月あたりからで、8月くらいには影響も最大となります。
紫外線の肌へのダメージを心配して、日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりして紫外線対策を行いますが、目にたいしても大きなダメージをあたえていることをご存知でしょうか。

 

肌と比べると注目度も低く見落としがちですが、紫外線の目へのダメージはとても大きく、目の病気の原因ともなっているほどです。

 

紫外線によって招かれる目の病気は例えば、白内障があります。
白内障は、目のピントを合わせるレンズの役割がある水晶体が不透明になることで視力が低下してしまう目の病気です。

 

これまでは白内障の大きな原因となっているのは老化であるとされていましたが、最近は紫外線による影響も大きいのではないかと言われるようになっています。

 

違和感があるかもしれませんが、目は外部にさらされている唯一の臓器です。
ですから、紫外線からのダメージも大きく受ける部分であり、正しく保護してあげる必要があります。

 

強い紫外線に当たることで、角膜や結膜は大きなダメージを受けてしまいます。
病気とまで言えないかもしれませんが、紫外線を長く浴びることで目が赤くなったり、痛くなるのは、紫外線によって目が炎症を起こしているからです。

大切な目を紫外線から守る

紫外線から目を守るためには、体の内側からと外側からのケアが必要です。

 

目に影響を与えるビタミンやミネラル、アスタキサンチンを含む食品を積極的に摂ることをおすすめします。

 

ビタミンは体の抵抗力を高めてくれますし、ビタミンCやカロテン、ナイアシンなどを充分に摂取することで、目の健康を維持出来ます。

 

ミネラルは活性酸素に対して働きかけるので、目だけでなく体の老化防止にも役立つものです。

 

そして、外側からのケアとしては、サングラスをかけたり、日傘をさすことなどが基本となります。
普段はサングラスをかけない人でも、日差しの強い日には持っていくのがおすすめです。

 

それと、乾燥対策もかねた目薬でのケアも役立ちます。

 

目は何かあってからでは手遅れになってしまう可能性も高く、身体でも特に大切な箇所ですから、しっかりと守ってあげるようにしましょう。

Sponsored Link

紫外線の影響による目へのダメージ関連ページ

肌への悪影響
紫外線は肌に悪影響をあたえるもので、ダメージが蓄積されると肌トラブルや皮膚疾患につながります。
肌の老化を招く
紫外線の影響の中でも怖いのが肌の老化です。日差しの強い夏だけでなく、日常レベルや冬であっても肌にダメージを与えて老化を招きます。
髪へのダメージ
紫外線の弊害は肌に対するものが注目されがちですが、髪にもダメージをあたえているので注意が必要です。
ニキビの原因になることも?
シミやシワ、たるみなどが紫外線の肌トラブルの代表ですが、吹き出物やニキビの原因になることもあります。
シワの増加
紫外線は色々な肌トラブルを招きますが、女性にとって深刻なシワを増やすこともあります。
シミができる理由
紫外線を浴びすぎるとシミができるのはなぜか?その理由について解説しています。
シミ対策
紫外線の浴びすぎによって肌表面にシミができてしまった時の対策について解説しています。