シミ 紫外線 対策

Sponsored Link

紫外線でシミができた場合のケア

紫外線を浴びることでいろいろな肌トラブルが起きますが、その中でもシミはとても厄介なものです。

 

シミは紫外線B波の影響によるもので、肌を守るためにメラニン色素が生成されるのですが、このメラニン色素に紫外線A波が作用することで褐色になり、肌に沈着してしまいます。
これがいわゆるシミと呼ばれるものになるのです。

 

一度沈着したら消すのが困難と言われるシミ。
ですので、シミ対策として一番大切なことは、紫外線からお肌を守ることなのです。

 

しかしいくらUVケアを行っていても、日常の生活で紫外線を浴びてしまうことも多々あります。
紫外線でできるシミを少しでも予防、改善するためには、美白化粧品で毎日スキンケアを行うこともおすすめです。

 

メラニンの生成を抑制する成分としては、「アルブチン」や「ビタミンC」などがあり、メラニン色素を還元する成分は「ビタミンC」で、肌の代謝を促進させてメラニン色素の排出を促してくれる成分には「プラセンタ」などがあります。

 

これらの成分が含まれている美白用の基礎化粧品で、朝と夜のスキンケアを行うことで、シミができにくい肌になれます。

 

また明らかに日焼けをしてしまった!という日には、できるだけすぐ、お肌をクールダウンさせるようにしましょう。

 

日焼けはやけどの一種ですので、炎症が静まるまでは肌を冷たいタオルなどでしっかり冷やすことが大切です。

 

そしてある程度、お肌が落ち着いたところで、充分な保湿と、美白化粧品で、シミのケアをして下さい。

 

メラニン色素を還元する、抗酸化作用に優れたビタミンCをたっぷりと補給することも効果的です。

 

サプリメントや果物から、たっぷりとビタミンCを摂ることがシミ対策になりますよ。

Sponsored Link

シミが紫外線によってできた時の対策関連ページ

肌への悪影響
紫外線は肌に悪影響をあたえるもので、ダメージが蓄積されると肌トラブルや皮膚疾患につながります。
肌の老化を招く
紫外線の影響の中でも怖いのが肌の老化です。日差しの強い夏だけでなく、日常レベルや冬であっても肌にダメージを与えて老化を招きます。
髪へのダメージ
紫外線の弊害は肌に対するものが注目されがちですが、髪にもダメージをあたえているので注意が必要です。
目への影響
紫外線の影響の中でも見落とされがちなのが目への負担です。目に対して紫外線はどのような悪影響をあたえるのでしょうか。
ニキビの原因になることも?
シミやシワ、たるみなどが紫外線の肌トラブルの代表ですが、吹き出物やニキビの原因になることもあります。
シワの増加
紫外線は色々な肌トラブルを招きますが、女性にとって深刻なシワを増やすこともあります。
シミができる理由
紫外線を浴びすぎるとシミができるのはなぜか?その理由について解説しています。