紫外線 髪 ダメージ

Sponsored Link

紫外線によって髪の色が変わることもある

紫外線によるダメージというと多くの場合、肌に対するものが注目されがちですが、肌だけに限った話ではありません。

 

日差しが厳しい夏になると特に紫外線が気になりますので、顔や手・足など肌の露出する部分にはしっかりと日焼け止めのクリームを塗り、日傘を指したりと、紫外線対策はバッチリという人は多いです。

 

しかし見落としがちなのが、紫外線による髪へのダメージです。
実は頭皮は紫外線にはとても無防備な状態で、体の中でも一年中、紫外線のダメージを受けている箇所になります。

 

紫外線が肌の真皮層にまで届いて、少しづつ肌細胞を壊していき老化をまねくことを光老化と言い、しわやたるみなどの肌老化の原因となっているものです。

 

この光老化は、肌よりも髪の毛と頭皮の方が深刻な場合も多々あります。

 

髪の毛と頭皮は常に紫外線に晒された状態で、紫外線を大量に浴びている髪の毛は、メラニン色素が紫外線によって分解されてしまうので、赤茶けた色になったり、白っぽくなったりすることもあるのです。

 

髪の老化と変色を予防する意味でも、頭を晒した状態で日にあたりすぎないように注意しましょう。

髪の毛質を変えたり、抜け毛や白髪の原因にもなる

紫外線の影響は頭皮の表面だけでなく、髪の毛の内部にまでおよびます。
髪の毛を構成するたんぱく質にもダメージが加わるので、髪の毛がパサパサしたり、枝毛や切れ毛になってしまうこともあるのです。

 

さらに健康な髪の毛が育つ大事な土壌となる頭皮にも大きなダメージをあたえます。
髪の毛を作っている毛母細胞もダメージを受けますので、抜け毛や薄毛の原因となることもあります。

 

また頭皮には髪の毛を黒くするための細胞があるのですが、紫外線によるダメージでこの細胞が破壊されてしまうケースもあり、これが白髪の原因のひとつです。

 

薄い髪、傷んだ髪、白髪は見た目年齢をグンと上げてしまうものです。
色白の人が紫外線によってそのような状態になってしまうと、余計に老けてみえたり病気の疑いをもたれてしまうかもしれません。

 

紫外線による肌への影響も怖いですが、同時に髪にも大きな影響があるということはぜひ知っておきましょう。

Sponsored Link

紫外線による髪へのダメージ関連ページ

肌への悪影響
紫外線は肌に悪影響をあたえるもので、ダメージが蓄積されると肌トラブルや皮膚疾患につながります。
肌の老化を招く
紫外線の影響の中でも怖いのが肌の老化です。日差しの強い夏だけでなく、日常レベルや冬であっても肌にダメージを与えて老化を招きます。
目への影響
紫外線の影響の中でも見落とされがちなのが目への負担です。目に対して紫外線はどのような悪影響をあたえるのでしょうか。
ニキビの原因になることも?
シミやシワ、たるみなどが紫外線の肌トラブルの代表ですが、吹き出物やニキビの原因になることもあります。
シワの増加
紫外線は色々な肌トラブルを招きますが、女性にとって深刻なシワを増やすこともあります。
シミができる理由
紫外線を浴びすぎるとシミができるのはなぜか?その理由について解説しています。
シミ対策
紫外線の浴びすぎによって肌表面にシミができてしまった時の対策について解説しています。