紫外線 肌 影響

Sponsored Link

紫外線A波による肌への影響

「紫外線は体に悪影響をあたえる」ということを何となく知っている人は多いですが、具体的な影響をご存知でしょうか。

 

太陽から地上に降り注いでいる紫外線は、紫外線A波と、紫外線B波という2種類があります。

 

紫外線A波は波長が長いのが特徴で、肌の表面に対しての影響は少ないものの、肌の奥深くにある真皮層にまで届いてダメージを与えてしまうというものです。

 

肌の真皮層というのは肌のハリや弾力の元になっている成分、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが存在している場所です。
紫外線A波によってこれらの成分がダメージを受けることで、肌のたるみやしわが現れるようになります。

 

また、A波にはコラーゲンの合成力を低下させる、という悪影響もあります。
コラーゲンは若々しい肌の元になっていますが、紫外線を浴びることで、肌の老化を進行させることになるわけです。

紫外線B波による肌への影響

A波とB波は別々のものですが、B波も肌に大きな影響を与えています。

 

波長が短い紫外線B波は、肌表面に強いダメージを加えるものです。

 

肌がヒリヒリしたり、サンバーンと言われる肌が水ぶくれになるなどのやけど状態になるのはこの紫外線B波の影響です。
色白肌だと日焼けしても肌が炎症するだけということがよくありますが、肌が白い人はこれらの紫外線からお肌を守るためにあるメラニン色素が少なく、かつ生成能力も低いため、紫外線によるダメージを受けやすい肌タイプになっています。

 

肌が黒くなりにくいのは美白に憧れる女性からすれば羨ましい限りですが、肌の真皮層へのダメージを大きく受けているので、肌の老化には注意が必要です。

 

紫外線による肌への影響をまとめると、A波は間接的に体の内部に刺激をあたえ、B波は皮膚表面に直接ダメージを与えるといったイメージになります。

 

どちらのタイプであっても、紫外線は美容の大敵ですので、直に浴びないように日焼け止めを塗る、日傘を指すなどの紫外線対策がとても大切です。

 

色白すぎるから適度に焼きたいという場合でも、UVケアを怠るのは好ましくありません。

 

紫外線からの影響を抑えることが肌のエイジングケアにもつながるので、日焼けをする時もやりすぎは厳禁です。

Sponsored Link

紫外線が肌に与える影響関連ページ

肌の老化を招く
紫外線の影響の中でも怖いのが肌の老化です。日差しの強い夏だけでなく、日常レベルや冬であっても肌にダメージを与えて老化を招きます。
髪へのダメージ
紫外線の弊害は肌に対するものが注目されがちですが、髪にもダメージをあたえているので注意が必要です。
目への影響
紫外線の影響の中でも見落とされがちなのが目への負担です。目に対して紫外線はどのような悪影響をあたえるのでしょうか。
ニキビの原因になることも?
シミやシワ、たるみなどが紫外線の肌トラブルの代表ですが、吹き出物やニキビの原因になることもあります。
シワの増加
紫外線は色々な肌トラブルを招きますが、女性にとって深刻なシワを増やすこともあります。
シミができる理由
紫外線を浴びすぎるとシミができるのはなぜか?その理由について解説しています。
シミ対策
紫外線の浴びすぎによって肌表面にシミができてしまった時の対策について解説しています。