日焼け 全身やけど

Sponsored Link

過度な日焼けは全身やけど状態と似ている

日焼けによるダメージは肌が白い人や敏感肌の人にとっては大きな敵となります。
美容面ではなくて、健康的な面からも過度に日焼けをするのはあまり好ましいこととは言えません。

 

日焼けは言い方を変えるならば、肌が軽い火傷をした状態といえます。
特に肌が弱い人は、夏の海で海水浴に行って全身やけど状態になってしまう、と言ったこともあるようです。

 

また、色白の人もメラニン色素を作る能力が低いので、紫外線にも弱い肌と言えます。
日焼けに挑戦したいけど、思ったような黒や小麦色にならずに真っ赤になるという経験は色白あるあるですよね。

 

日焼けをしても肌が黒くならずに真っ赤になるのは、メラニン色素を作る能力が低いためです。
紫外線からのダメージに弱い肌なので、肌の奥の細胞にまで強いダメージを受けてしまいます。

 

そのため、色白肌解消のために日焼けをする場合は全身やけどのリスクがあるという点は知っておいたほうがいいかもしれません。

 

透明な白い肌に憧れる女性は多いですし、日差しの強い夏には日焼けはぜひとも阻止したい人が大半ですから、積極的に焼きたい場合は肌への刺激や日にあたる時間に注意が必要です。

全身やけどの対処法

肌の弱い人であっても、日焼けをしたくない、と思っている人でも、夏にもなれば、一度は海や山で思いっきり遊びたくなるものですよね。

 

紫外線から肌を守るためには日焼け止めなどでUVケアをしっかり行うことが大切ですが、それでも海や山では全身やけど状態になってしまうこともあります。

 

そんな時にはまず肌を冷やすことが鉄則です。

 

日焼けはやけどですから、通常のやけどと同じ対処法が基本となります。

 

そしてやけどによって、肌はかなり乾燥した状態になっているので、冷蔵庫で冷やしておいたローションや化粧水をお肌にたっぷり付けて肌に潤いを与えることもおすすめです。

 

この時使うローションは、刺激の弱い、肌にやさしいものを使うようにしましょう。

 

火傷状態になった後の対処を正しくおこなうことで、肌の機能でかなり回復に近づきます。
症状がひどい場合や跡が残るのが不安という場合は、皮膚科で診てもらうのがベターです。

Sponsored Link

肌が弱いと日焼けで全身やけど状態になることも・・関連ページ

肌へのダメージ
直射日光による日焼けは肌への負担が大きいものですが、具体的にどの程度のダメージがあるものなのでしょうか。
日サロにおける肌への負担
日焼けサロンで焼けば直射日光を浴びるよりは肌への負担は少なそうですが、実際にダメージはあるのでしょうか?
そばかすのケア
色白肌の人は日焼けによってそばかすができやすいので、正しい方法でケアしてあげないと目立ってしまいます。
火傷による水ぶくれ
色白で肌が弱い人が日焼けをすると水ぶくれができてしまうこともあります。