日サロ 肌 ダメージ

Sponsored Link

日焼けサロンのマシンなら肌への負担はない?

最近は多くの女性が夏場だけでなく、一年中紫外線対策を行うようになりましたね。
男性でも日差しの強い夏には日傘を指している時代で、男女問わず美白への意識が高い時代になったのではないでしょうか。

 

しかし、美白ブームがきていても色白の人はやっぱり小麦色の肌に憧れるものです。
自分もそうですが、人はみんな無いものねだりをするのでしょうか。

 

ブロンズ色の健康的な肌に憧れる人はもちろん今でもいますので、夏には海辺で肌を小麦色に焼く人も多いようです。

 

一年中、小麦色の肌を保っていたい人は日焼けサロンに通う必要がありますし、肌の白さを解消する手段として日サロというのもありです。

 

太陽の光と比べれば、なんとなく日サロの方が肌への負担が少ないように感じてしまうものですが、実際、肌へのダメージはあるのか、あるならどの程度のものなのか?気になりますね。

 

日焼けサロンには専用の日焼けマシンがあります。
紫外線を人工的に肌に照射することで、肌のメラノサイトを刺激して、肌を小麦色に焼くという仕組みです。

 

太陽の紫外線には、UV-B波とUV-A波があり、UV-B波は波長が短く肌表面に強いダメージを及ぼします。
日焼けをして肌が赤く腫れ上がったり、ヒリヒリするのはこの紫外線のUV-B波によるものです。

 

一方のUV-A波は波長が長く、肌の深い部分にまで届くもので、真皮層のコラーゲンなどにダメージを与えます。

 

日サロで使われるマシンは、このうちのUV-B波や、赤外線などもある程度はカットされているので、太陽の下で日焼けをするよりも肌へのダメージが少ないようです。

 

しかしながら、UV-A波は含まれているので、肌の奥にはダメージが加わっています。
これは肌のハリを失わせる原因となりますので、しわやたるみ肌を招くものです。

 

日サロで肌を焼いた場合、肌表面には炎症も起こらずダメージもないように見えますが、長い目で見れば肌老化の原因を自ら作っていることになります。

 

肌が白く、日焼けですぐに赤くなる自分と同じような肌タイプの人は、日サロを利用すると直射日光による日焼けとは違った感覚になって、負担を感じないかもしれません。
ただ、目には見えなくても肌にダメージは蓄積されているので、通う場合はその点も考慮しておくのがいいでしょう。

Sponsored Link

日サロで焼いても肌にダメージはあるの?関連ページ

肌へのダメージ
直射日光による日焼けは肌への負担が大きいものですが、具体的にどの程度のダメージがあるものなのでしょうか。
そばかすのケア
色白肌の人は日焼けによってそばかすができやすいので、正しい方法でケアしてあげないと目立ってしまいます。
火傷による水ぶくれ
色白で肌が弱い人が日焼けをすると水ぶくれができてしまうこともあります。
全身やけど状態
色白の人や敏感肌の人などは、日焼けをしすぎると全身やけど状態のようになってしまうこともあり、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。