日焼け そばかす ケア

Sponsored Link

日焼けでそばかすができる理由

夏の日差しはとても強いので、短時間でも日焼けをしてしまいますね。
特に色白の人は太陽に含まれている紫外線にとても弱い肌のため、そばかすもできやすいので注意が必要です。

 

そばかすは肌質によってできやすさも変わりますが、なぜ肌の白い人にはできやすいのでしょうか。

 

そもそも紫外線にはB波とA波があります。

 

肌表面にとても強いダメージを及ぼすのがB波で、このB波が肌に当たると、皮膚を守ろうとしてメラニン色素が生成されます。
A波は波長が長い紫外線で、肌の奥にまで届き、細胞にダメージを及ぼすものです。

 

B波によってできたメラニン色素にこのA波が作用することで肌が褐色になりますが、この褐色になった状態が肌にそのまま残ったものがしみやそばかすになります。

 

色白だとどうしても肌の状態が目立ちやすくなってしまいますし、抵抗力も弱いため、そばかすとして肌に残りやすくなるのです。
そばかすのできやすさはうまれつきの体質による影響も大きいですから、自覚がある場合はきちんと予防して作らないようにしておきましょう。

そばかすができた場合のお手入れ方法

万が一日焼けでそばかすができた場合のお手入れですが、まずはしっかりとスキンケアを行うことが重要になります。

 

洗顔するときに、顔を強くこすったり、マッサージして肌を摩擦するのは厳禁です。
なぜなら、摩擦や刺激によってそばかすの色素沈着がさらに悪化してしまう恐れがあるからです。
ですので、そばかすが出来たと感じた場合には、いつも以上にやさしく洗顔を行うようにしましょう。

 

もう一つ、そばかすが出来た場合の対策として、意識的に肌に潤いを保つのも重要です。
肌の乾燥はそばかすにも良くないことですから、保湿は常に心がけておくようにしましょう。

 

そしてビタミンCは美白効果のある成分ですので、そばかすにも有効です。
サプリメントや化粧品でビタミンCを積極的に摂ることもおすすめのそばかす対策になります。

 

色白がコンプレックスだと美白効果には興味がないかもしれませんが、あくまでそばかすへの対処という点で試してみてはどうでしょうか。

 

肌が白い人にとって目立つそばかすは非常にやっかいで悩みの種にもなります。
なので、基本はそばかすができないように、紫外線対策を怠らないようにすることが大切です。

 

日焼け止めをこまめに塗る、帽子をかぶるなどの対策を行って、そばかす予防をしていくようにしましょう。

Sponsored Link

日焼けでできたそばかすのケア方法関連ページ

肌へのダメージ
直射日光による日焼けは肌への負担が大きいものですが、具体的にどの程度のダメージがあるものなのでしょうか。
日サロにおける肌への負担
日焼けサロンで焼けば直射日光を浴びるよりは肌への負担は少なそうですが、実際にダメージはあるのでしょうか?
火傷による水ぶくれ
色白で肌が弱い人が日焼けをすると水ぶくれができてしまうこともあります。
全身やけど状態
色白の人や敏感肌の人などは、日焼けをしすぎると全身やけど状態のようになってしまうこともあり、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。