日焼け 肌 ダメージ

Sponsored Link

直射日光の浴びすぎによる肌への負担

暑い夏が到来すれば海や山に遊びに出かけて、日焼けをする機会も多くなることでしょう。
この日焼けによる肌へのダメージは、実は私達が思っている以上に大きくて、特に色白の人は紫外線から肌を守る力が弱いので充分注意が必要です。

 

日焼けは肌に負担が大きいということはたいていの人なら理解されているものですが、具体的にどのようにダメージを与えているのか?はわからないということも多いのではないでしょうか。

 

直射日光による日焼けのダメージとして、まず肌が乾燥する、という点があげられます。
肌には元々保湿成分があるので、適度に潤いのある肌が維持出来ています。
しかし強い紫外線に当たることで、角質層が大きなダメージを受けてしまい、本来ある保湿機能が大幅に低下して、肌の潤いがなくなってしまうのです。

 

また長時間の日焼けによって、しみも出来やすくなります。
しみは色素斑とも言うもので、いったん出来てしまうと後から消すのは難しいでしょう。

 

シミと同様に女性の肌の悩みとなるのが、しわですが、これも日焼けによる肌ダメージの一つです。
肌の奥の真皮部分には、コラーゲンがあり、これがハリのある肌の元になっています。
しかし紫外線はこの真皮部分にまで到達して、このコラーゲンを変質させてしまうのです。

 

コラーゲンが変質すると、弾力がなくなり固くなってしまいます。
これにより肌にはハリが失われて、しわやたるみ肌になってしまうのです。

 

他にも日焼けによって皮膚がんのリスクも高まります。
紫外線をたくさん浴びてしまうことで体内の活性酸素が大量に発生し、細胞がダメージを受けることになるのです。
ダメージを受けた肌細胞の遺伝子は、修復機能で元に戻るのですが、中にはそのまま傷ついたまま残るものもあり、これが皮膚がんの原因とも言われています。

 

このように日焼けによる肌へのダメージはとても大きく、さまざまなことが考えられるのです。

 

自分は男なのでシワやたるみなどには疎いですが、皮膚がんのリスクとかはやっぱり怖いです。
色白が気になっていた時は日焼けに挑戦したりしましたが、今は積極的に焼く気にはなりません。

 

肌が白いことで悩んでいる人も、日焼けによる害は理解しておいたほうがいいでしょう。

Sponsored Link

日焼けによる肌へのダメージはどれくらい?関連ページ

日サロにおける肌への負担
日焼けサロンで焼けば直射日光を浴びるよりは肌への負担は少なそうですが、実際にダメージはあるのでしょうか?
そばかすのケア
色白肌の人は日焼けによってそばかすができやすいので、正しい方法でケアしてあげないと目立ってしまいます。
火傷による水ぶくれ
色白で肌が弱い人が日焼けをすると水ぶくれができてしまうこともあります。
全身やけど状態
色白の人や敏感肌の人などは、日焼けをしすぎると全身やけど状態のようになってしまうこともあり、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。