色白 そばかす

Sponsored Link

肌が白いとそばかすができやすい

色黒の人にそばかすがほとんどできない、もしくはできてもパッと見でわかりにくいのと対照的に色白の人はそばかすができやすくなっています。

 

白人の方でそばかすができている人が多いことからも、極端な色白肌は標準的な日本人の肌ではないのが明らかです。

 

白人女性のそばかすはかわいらしさや愛嬌があり、チャームポイントや憧れの対象とみられることもあります。
しかし、肌の白さをコンプレックスに感じていてそばかすができるのが嫌という人も多いのではないでしょうか。

 

日本人と外国人では肌の色だけでなく、顔のつくりや骨格なども違うわけですから、そばかすが似合わないことも多く、数が多いと単純に汚い印象をもたれてしまったりすることもあります。

 

そうした点からもできればそばかすを作らないようにしておきたいですし、できてしまったそばかすは目立たなくしたいはずです。

 

そばかすはメラニン色素が沈着していくことでできるのが主な原因で、メラニン色素は紫外線から肌を守るために体が作りだします。
ですから、紫外線対策をはじめとしたUVケアをきちんと行うのがそばかす予防の基本です。

 

すでにできてしまったそばかすもスキンケアで薄くできますし、ファンデーションで隠したりできます。
男性でもメンズBBクリームを使えば、目立たないようにすることが可能です。

そばかすのできやすさは遺伝の影響もある

自分も女性に負けないくらいの真っ白な肌色ですが、そばかすに関しては悩んだことがありません。
日焼けで赤くなったりすることはありますが、そばかすはできたことがないからです。

 

同じ色白の人でも肌環境には違いがあって、特にそばかすのできやすさは遺伝の影響が大きいと言われています。

 

肌が白くてそばかすが多い人は生まれつきそばかすがあるというわけではなく、糖尿病や脳卒中になりやすい家系と同じように、そばかすができやすい体質を遺伝して生まれてきた可能性が高いです。

 

もともとそばかすが作られやすい肌の状態で幼い頃からお日様にあたっていれば、物心ついた時にはそばかすがあったとしても何ら不思議ではありません。
小さい時から自分で意識的にUVケアをできるはずもありませんから、これはある程度仕方のないこともかもしれません。

 

ただ、そばかすは年齢を重ねるにつれて減少していき、できなくなるものですから、大人になれば悩む必要はなくなるという気楽な気持ちでいてもいいのではないでしょうか。

 

今あるそばかす対策は日々のスキンケア、あるいはファンデーションで隠したりといった方法があります。
ご自身にとって最もベターな方法で対策していくといいでしょう。

 

繰り返しますが、いずれはなくなるものなので、あまり気にしすぎないようにするのも大切です。

Sponsored Link

色白だとそばかすができやすい上に目立ちやすい関連ページ

クマが目立ちやすい
クマはさまざまな原因で誰にでもできる可能性がありますが、肌が白い人は特別目立ちやすくなってしまいます。
赤面するとすぐにわかる
色白肌の人は赤面症というほどのひどい症状でなくても、ちょっと赤くなっただけで目立つことが多いです。
ほくろが多くみえたりする
肌が白い人はほくろが目立ちやすいため、多くみえたりします。