色白 クマ

Sponsored Link

肌が白いとクマが目立ちやすい

色白のデメリットのひとつに、クマが目立ちやすいというのがあります。
普通の肌色の人でも目の下が真っ黒になっていたらすぐにわかるものですから、対照的な色である肌の白い人なら余計にハッキリしてしまうのは仕方のないことです。

 

逆に色黒の人だと少々クマができていてもほとんどわからないので、色白肌だと損なんて思うこともあるかもしれません。

 

クマは原因によってできるものに3タイプあります。

 

よくある睡眠不足や疲れ、ストレス、肩こりなどによってできるのは青クマと呼ばれるものです。
喫煙者にも多くみられるもので、血行不良が主な原因となっています。

 

目を頻繁にこすったり、女性がクレンジングを使わずにアイメイクを落としたりする時にクマができることもあります。
これは色素沈着を原因としているクマで、茶クマと呼ばれるものです。

 

加齢によって肌がたるんできたり、シワが増えたりすると目の下のくぼみに影を作ったりすることがあります。
これが黒クマと呼ばれる種類のクマです。

 

ある程度の年齢で肌の白さを気にしている人は少ないはずですから、黒クマよりも青クマや茶クマができて目立つことが多いのではないでしょうか。

 

3種類のクマはそれぞれ別のところに原因があり、見た目も若干異なります。
しかし、色白の人にとってはいずれも目立ちやすくなってしまうものです。

 

特に睡眠不足で青クマができた場合、肌が白い人はただでさえ不健康、病弱に見られがちなので、余計に心配されるかもしれません。
十分な睡眠時間の確保とマッサージによる血行促進をして早めに改善するようにしましょう。

 

化粧を原因とする茶クマが目立つ場合は、アイメイク専用のクレンジングを使うべきです。
目がかゆい時もこすったりせず、目薬を使うようにするといいでしょう。

 

男性はクマができてしまうとなかなか対処しずらいですが、女性はアイメイクで隠したりごまかすことは可能です。
クマが治るまでは目元がスッキり見えるようなメイクをして、健康的なイメージを与えるようにすると印象も変わってきます。

Sponsored Link

色白だとクマが目立ちやすくなる関連ページ

そばかすができやすく目立つ
肌が白い人は色黒の人よりもそばかすができやすく、目立ちやすいというデメリットがあります。
赤面するとすぐにわかる
色白肌の人は赤面症というほどのひどい症状でなくても、ちょっと赤くなっただけで目立つことが多いです。
ほくろが多くみえたりする
肌が白い人はほくろが目立ちやすいため、多くみえたりします。