色白 ほくろ

Sponsored Link

肌が白いとほくろが多くなる?

色白の人はほくろが多くなるなんて話がありますが、一概にそうとは限りません。

 

ほくろは体質や遺伝などによる先天性のものと紫外線やストレス、生活習慣などの影響によってできる後天性のものがあるからです。

 

また、女性の場合は妊娠中のホルモンバランスによってほくろの数が増えたり、色が濃くなったりすることもあります。

 

ただ、紫外線の影響によってできるほくろは色白の人のほうができやすいでしょう。

 

さらに、肌が白いと対照的な色であるほくろは目立ちやすいので、色黒の人と比べても数が多いように感じてしまいます。

 

仮に地黒の人と色白肌の人がまったく同じ数のほくろであったとしても、後者のほうが多くみえるはずです。

シミがほくろに見えることも?

色白の人はほくろに似たシミもできやすいです。

 

シミも肌が白ければ目立ちやすいため、ほくろとの違いが曖昧になったりしてほくろが増えたように感じるケースもあるかもしれません。
もしくは他人にはシミがほくろに見えてしまったりすることもありそうです。

 

いずれにせよ、色白だったら必ずしもほくろが多くなるというわけではありません。

 

自分はほくろが目立つことを嫌だと感じたことはありませんし、数が多いと言われたこともないです。
ただ、大きさや濃さ、数やできる場所によってはほくろをコンプレックスに感じてしまう人もいるかもしれません。

 

ほくろは皮膚科や美容外科で相談すればレーザー治療で除去してもらうことができます。
ほくろ除去をお願いする人は決して少なくはないので、悩みが深刻な場合はクリニックの無料カウンセリングなどで相談してみるのもいいでしょう。

 

ただし、肌トラブルのリスクもあるものですから、料金はもちろん、医師や病院選びは慎重におこなうようにしましょう。

Sponsored Link

色白だとほくろが多くみえたり目立つ関連ページ

クマが目立ちやすい
クマはさまざまな原因で誰にでもできる可能性がありますが、肌が白い人は特別目立ちやすくなってしまいます。
そばかすができやすく目立つ
肌が白い人は色黒の人よりもそばかすができやすく、目立ちやすいというデメリットがあります。
赤面するとすぐにわかる
色白肌の人は赤面症というほどのひどい症状でなくても、ちょっと赤くなっただけで目立つことが多いです。