色白 デメリット

肌が白いことによるデメリット

毛穴や皮膚疾患などが一切ないキレイな色白肌ならデメリットは特にありませんが、肌の白さを気にしている人は不便を感じていることも多いのではないでしょうか。

 

自分自身が色白を特に気にしていなかったとしても、他人から指摘されたりして嫌な想いをすることがあります。
また、初対面の人にあたえる印象が悪くなったりするというケースも少なからずあるものです。

 

男性の場合は肌荒れなどが目立っても特別気にしなくても大丈夫なこともありますが、女性の場合はそうもいきません。
色白すぎるために、肌の状態がわかりやすくなってしまうので、ボロボロに荒れた肌や毛穴がポツポツある状態を露出することに抵抗があるものです。

 

美白を求める人や肌が黒い人には理解しがたい色白のデメリットは他にもたくさんあります。

 

主に肌トラブルという点から、肌の白さが起こす欠点をご紹介します。

色白のデメリット記事一覧

色白だとクマが目立ちやすくなる

色白のデメリットのひとつに、クマが目立ちやすいというのがあります。普通の肌色の人でも目の下が真っ黒になっていたらすぐにわかるものですから、対照的な色である肌の白い人なら余計にハッキリしてしまうのは仕方のないことです。逆に色黒の人だと少々クマができていてもほとんどわからないので、色白肌だと損なんて思う...

≫続きを読む

色白だとそばかすができやすい上に目立ちやすい

色黒の人にそばかすがほとんどできない、もしくはできてもパッと見でわかりにくいのと対照的に色白の人はそばかすができやすくなっています。白人の方でそばかすができている人が多いことからも、極端な色白肌は標準的な日本人の肌ではないのが明らかです。白人女性のそばかすはかわいらしさや愛嬌があり、チャームポイント...

≫続きを読む

肌が白い人は赤面が目立ち、すぐにわかる

もともと肌が白いと、赤面した時に目立つことがあります。赤面はただでさえ恥ずかしいのに、さらに目立ってしまうので困りものです。人の顔が赤くなる原因は赤面症などの病気をのぞくと、緊張したり自信がないといった精神的な問題か、暑さなどの環境的な要因が大半を占めます。つまり、赤面すること自体はなんら悪いことで...

≫続きを読む

色白だとほくろが多くみえたり目立つ

色白の人はほくろが多くなるなんて話がありますが、一概にそうとは限りません。ほくろは体質や遺伝などによる先天性のものと紫外線やストレス、生活習慣などの影響によってできる後天性のものがあるからです。また、女性の場合は妊娠中のホルモンバランスによってほくろの数が増えたり、色が濃くなったりすることもあります...

≫続きを読む

Sponsored Link