色黒 チャラい

Sponsored Link

色黒な人と色白な人の印象の違い

人の第一印象は多くの場合、見た目で決まってしまいます。
色黒か色白かという違いだけでも相手にあたえる印象は全然ちがっていて、肌が白い人のほうが真面目なイメージを与えることが多いです。

 

色黒だとチャラい人のように見えたり性格が軽いような印象を与えてしまいます。
もっともこれは状況によって変わってくるもので、営業マンの男性などは色が黒いほうが活動的だったり行動的な人、もっというなら「できる男」に見えます。

 

逆にヤンキーのような風貌で色黒、かつ仕事と一切関係のない場面では遊び人というイメージをもたれてしまうでしょう。

 

社会人で色白の人だと不健康、家にこもりがちという風に見られてしまうかもしれません。
ビジネスシーンにおいては「第一印象でどういう人かわかりにくい」というのが欠点となります。

 

自分も「何を考えているのかよくわからない」と言われることがよくあります。
実際は何も考えていないですが、色黒の人のようにアウトドアやスポーツをしているイメージがつきにくいため、「何を考え何をしているのか?」という点が伝わりにくいようです。

 

ただ、控えめで誠実そうに見えると言われることが多いので、マンザラでもなかったりします。

学生なら肌が白いと勤勉なイメージがある

学生さんで色白の悩みがある人は、軽い人、チャラいという印象はもたれにくいはずです。
むしろ、勉強に一生懸命なイメージ、真面目な人と思われることも多いのではないでしょうか。

 

ゲームや漫画、アニメといった趣味に没頭しすぎるあまり、学校の成績もイマイチでは、「ひきこもり」や「根暗」といった印象を与えてしまいますが、そうでないならば、「真面目で賢い人」というキャラを貫くこともできそうです。

 

相手にあたえる印象は状況によって変わるため、色白そのもののメリットとは言えないかもしれませんが、会話を弾ませる努力をしたりすれば、「見た目から想像できる人物像とは全然違う人だ」と相手の見方も変わってきます。

 

色白=覇気がないと思われないためにも、顔をあげてハキハキしゃべることから始めてみましょう。

Sponsored Link

色黒の人はチャラい?性格はどういう人が多い?関連ページ

脱毛効果がより高くなる
レーザー脱毛をする時に、肌が白いとメラニンへの熱の吸収率が高いため、それだけ脱毛効果が高くなります。