色白 焼けない

Sponsored Link

肌が白いと日焼けするのも困難

色白肌を気にしている人は夏に日焼けして肌の白さを少しでも目立たなくしようとするものです。
自分も色白をコンプレックスに感じていた時は、日焼け止めではなくサンオイル(日焼けするクリーム)を塗ったりしていました。

 

日焼け止めや日傘を使う人の気持ちがわからないくらいの白さなので、自然に焼くには夏の太陽の力に頼るのがベターな選択です。

 

ただ、健康的なブロンズ肌を目指しても上手に焼けないことがほとんどです。

 

日に当たっていると肌は黒くなるのではなく、真っ赤になってしまい、ヒリヒリして痛いだけなんてことも多々あります。
日焼けにチャレンジした色白肌の人も同じような経験があるのではないでしょうか?

 

肌が赤くはれて軽いやけどみたいな状態だと、痛すぎてお風呂に入れない時もあります。

 

数日たって肌が落ち着き、自然な肌色になってくれればいいんですけど、ただ赤みが引いただけで元通りの色白肌なんてことが大半です。

 

また、日焼け後に皮がむけてしまうパターンもあります。
肌の炎症や痛みが治まったら皮膚表面の皮がむけてしまうものです。

 

この場合もまばらに皮がむけたり、むけた後の皮膚は元の色白肌なのでどちらにしても期待しているような小麦肌にはなりません。
日焼けで自然な色黒を目指すつもりが、けっきょく脱皮しただけなんてことになってしまうんですよね。

 

肌が白い人にとっては自然に日焼けするのも簡単ではないものです。

日焼け止めを塗って肌への負担を減らす

色白肌で日焼けしようとしても赤くなるだけという人が、太陽光で自然な日焼けをする時におすすめしたいのが日焼け止めを塗った状態での日焼けです。
何も塗らずに日焼けしても上手に焼けませんし、日焼けするクリームだと肌との相性によっては焼けすぎてしまうこともあります。

 

「日焼け止めを塗ったら意味ないのでは?」と思うかもしれませんが、SPFやPAの値が低いものなら日焼け効果や持続時間が短いため、それを塗った状態であくまで少しだけ日焼けをするのです。

 

少しずつゆっくり肌を焼けば、いきなり真っ赤になったりヒリヒリしたり皮がむけたりする心配が減ります。
また、極端に色黒になるわけでもないので、根気よく続ければ自然な肌色に近づくはずです。

 

完全に日焼けをしたくないという人は、「SPF50・PA+++」とかの日焼け止めを使っているので、少しずつ焼いていくなら「SPF10・PA+」くらいの低めのやつから試すといいでしょう。

 

なお、SPFはシミやソバカスを招く紫外線B波をカットする力、および効果の持続時間です。
PAはシワやたるみなどを招く紫外線A波に対する効果をあらわしています。

 

効果の低い日焼け止めは肌の白い人が肌トラブルを気にせず日焼けするのにベターですから、一度試してみてはどうでしょうか。

Sponsored Link

色白だと日焼けしても上手に焼けない関連ページ

ヒゲが濃く見えたり青髭になる
色白肌の人は特別毛深くなくてもヒゲが濃いように見えたり、髭剃りをした後でも青髭になりやすくなってしまいます。
全身の産毛が目立つ
肌が白い人は男女問わず、全身のムダ毛が目立ちやすくなり、処理も大変です。
肌の白さを指摘される
美白に憧れる女性にとっては褒め言葉になるかもしれませんが、肌が白いことを気にしている人にとっては言われたくないものです。
病気の心配をされることも?
肌色が極端に白すぎると、どこも悪くなくても「病気?」と心配されたりします。病弱な人に見られやすいのでしょう。
キモイと言われる
ただ色が白いというだけで全然知らない人から「キモイ」なんて言われることもあります。
シミやそばかすができやすい
肌が白い人は地黒の人と比べてシミやそばかすができやすいです。そのため、色白肌を改善するための日焼けができないことも多いのではないでしょうか。
日サロだと不自然な黒さになる
肌が白い人が日焼けサロンでいきなり小麦肌になると違和感があって不自然になりがちです。