色白 日焼けサロン

Sponsored Link

肌が白い人が日サロで焼くと不自然になる?

色白で日焼けすると肌が赤くなるタイプの人は、人工的な日焼け方法として日焼けサロンの利用を考えることもあるのではないでしょうか。
太陽による自然な日焼けでうまく焼けない肌質だったり、すぐに肌がヒリヒリする人でも日サロだったらブロンズ肌になれる可能性は高いです。

 

普通の肌色の人と同じ出力でいきなり焼くと肌トラブルを招くこともあるので、最初の数回は低出力で焼いて下地を作っていき、徐々に出力を上げていけば夢の小麦肌を手に入れられるはずです。

 

理想の肌色になるまでに必要な回数や料金、最初の出力などはサロンのスタッフが教えてくれます。
明らかな色白肌だったら、最初は弱めということも説明してくれるでしょう。

 

ただ、肌が白い人が日サロで焼いた場合、不自然に見えてしまいます。
普通の人みたいにキレイに焼けない時でもサロンのスタッフに上手な焼き方を教えてもらえば問題はありませんが、困るのはもともと色白ゆえに急に黒くなると周りの目が気になることです。

 

夏場なら「日焼けした」で済むこともありますが、日サロでの日焼けは人工的なものなので、どうしても違和感があります。
しかも、真っ白だった人がいきなり自然でない小麦肌になると周囲の人から聞かれることも少なくないでしょう。

 

いきなり黒いと不自然ですし、色黒になりたいわけではなかったので、自分は日焼けサロンは利用しませんでした。

 

友達に「なんで急に黒くなったの?」と聞かれても「日焼けサロンで焼いた」とサラっと言えるなら気にする必要はありません。
逆に「色白を気にしているから急に日サロ行きだしたんだ・・」とか思われるのが嫌な人はやめといたほうがいいでしょう。

色白の人が日焼けサロンを使う場合のその他の問題点

多少不自然でも気にしないなら日サロという選択もありですが、冬場にどうするか?という問題もあります。
冬は長袖なので肌を露出する機会は減りますが、顔の青白さを隠すことはできません。
夏は日サロで焼いて黒いのに冬は青白くなると、これまた不自然になってしまいます。

 

冬場でも日サロに通って焼く人とかいますが、そこまでできるならありかもしれません。

 

通年でサロンに通いつづける場合はお金と時間もそれだけかかるので、一時的に利用するか?ずっと通うか?はよく考えたほうがいいでしょう。

 

もしくは、低出力で最初に軽く焼いておいて、後は太陽光で自然な日焼けをしておけば多少はマシです。
日焼けサロンでしっかり焼いたところと自然な日焼けでムラができるので、難しいところですが直接焼いて赤くなるよりはいいのではないでしょうか。

 

日サロに行くかどうか?と考えてしまうのも、肌が白すぎるゆえの悩みですね。

Sponsored Link

色白だと日焼けサロンで焼いても不自然になる関連ページ

ヒゲが濃く見えたり青髭になる
色白肌の人は特別毛深くなくてもヒゲが濃いように見えたり、髭剃りをした後でも青髭になりやすくなってしまいます。
全身の産毛が目立つ
肌が白い人は男女問わず、全身のムダ毛が目立ちやすくなり、処理も大変です。
肌の白さを指摘される
美白に憧れる女性にとっては褒め言葉になるかもしれませんが、肌が白いことを気にしている人にとっては言われたくないものです。
病気の心配をされることも?
肌色が極端に白すぎると、どこも悪くなくても「病気?」と心配されたりします。病弱な人に見られやすいのでしょう。
キモイと言われる
ただ色が白いというだけで全然知らない人から「キモイ」なんて言われることもあります。
日焼けしたくてもできない
肌が白いと日焼けをしてもなかなかキレイなブロンズ肌にはなりません。むしろ色々な肌トラブルを招くことが多いです。
シミやそばかすができやすい
肌が白い人は地黒の人と比べてシミやそばかすができやすいです。そのため、色白肌を改善するための日焼けができないことも多いのではないでしょうか。