しみ そばかす 日焼け

Sponsored Link

肌が白いとシミやそばかすができやすい

色白肌だとシミやそばかすなどができやすくなります。
肌が白い人は紫外線からお肌を守るメラニンが少ないので、日常生活レベルの紫外線でもシミやそばかすができることは少なくありません。

 

色白だと肌が赤く炎症したりヒリヒリするだけだから日焼けできないことも多いですが、シミやそばかすがすぐにできるという理由で日焼けを敬遠することもあるのではないでしょうか。

 

日焼けで肌色がそれなりに満足のいく色になった時でも、シミだけが残ったりしてしまうこともあります。

 

日焼けをしない、もしくは紫外線を過度に浴びないようにすればシミ・そばかすの対策は可能です。
ただ、色白がコンプレックスとなっている場合は少しでも日にあたって健康的な肌色になりたいものです。

 

美白ケアまでする必要はないですが、最低限のUVケアは必要になります。
また、必要以上に日にあたってしまったと感じた時やシミ、そばかすが気になる時はスキンケアを忘れないようにするのも大切です。

 

女性でしたら日常的に紫外線対策やお肌の手入れはされているはずですが、男性でもシミやそばかす対策をかねたUVケアは欠かさないようにしておきましょう。

 

肌の白さを少しでも改善したいけど、シミやそばかすができるのはイヤという場合は、PA値の低い日焼け止めをつかって軽く日にあたるのがオススメです。

 

サンオイルでも代用できることはありますが、肌に合わない時や日焼けの具合によっては皮がむけるだけで不自然になることもあるので、慌てずゆっくりと焼くほうが肌トラブルになりにくいです。

Sponsored Link

しみやそばかすができるので日焼けできない@色白の悩み関連ページ

ヒゲが濃く見えたり青髭になる
色白肌の人は特別毛深くなくてもヒゲが濃いように見えたり、髭剃りをした後でも青髭になりやすくなってしまいます。
全身の産毛が目立つ
肌が白い人は男女問わず、全身のムダ毛が目立ちやすくなり、処理も大変です。
肌の白さを指摘される
美白に憧れる女性にとっては褒め言葉になるかもしれませんが、肌が白いことを気にしている人にとっては言われたくないものです。
病気の心配をされることも?
肌色が極端に白すぎると、どこも悪くなくても「病気?」と心配されたりします。病弱な人に見られやすいのでしょう。
キモイと言われる
ただ色が白いというだけで全然知らない人から「キモイ」なんて言われることもあります。
日焼けしたくてもできない
肌が白いと日焼けをしてもなかなかキレイなブロンズ肌にはなりません。むしろ色々な肌トラブルを招くことが多いです。
日サロだと不自然な黒さになる
肌が白い人が日焼けサロンでいきなり小麦肌になると違和感があって不自然になりがちです。