色白 病気

Sponsored Link

肌が白いと不健康なイメージで病気の心配をされることもある

色白肌だと、体調がいい時でも「どこか悪いの?大丈夫?」なんていらぬ心配をされることも少なくありません。
肌の白さに憧れる人が抱くような美しい美白のイメージと違って、色白を気にしている人はどちらかというと不健康な白さだからです。

 

本当に体調が悪いと顔が真っ青になったりしますが、他人の目にはそれに近い青白い表情に見えてしまうのでしょう。

 

自分は痩せ型だったので、色白とあわせて「ちゃんと食べてる?」なんて心配されることも多かったです。
当たり前ですが、どこか悪いわけでも持病があるわけでもなく、元気モリモリでした。

 

唯一の救いは、白紋のように一部だけ白くなって、本当に病気だったり体に異常があるような状態ではなかったことです。

 

体全体真っ白ですから、慣れれば「そういう人」で済んでしまいます。
実際、家族や付き合いの長い友人とかだと、普段の白さと本当に体調が悪い時の顔つきの違いはわかるようです。

 

悪気なく「病気?」と聞かれた時は「肌が白いから〜」と軽く受け流せばいいでしょう。

ひ弱に見られるとからかわれたりもする

病弱、不健康なイメージがある色白だと、ひ弱に見られることもあります。
相手からすると顔色が悪いように見えてしまい「大丈夫?」と声をかけてもらえるならまだマシで、からかわれたりすると本当に傷つきます。

 

肌が白すぎるのは、「弱そう」「頼りなさそう」といったイメージにもつながっています。

 

色白であることをバカにされるのは苦痛で、心配されるケースよりも悪意があります。
相手は悪意に満ちていてこちらを心配しているわけでもなければ、色白であることを知った上で指摘しているのですから、嫌な気持ちになることも多いでしょう。

 

特に中学、高校、あるいは大学生くらいならイジメや不登校につながることだってありえます。
色白と無縁なら大げさに聞こえるかもしれませんが、それくらいコンプレックスなんですよね。

 

社会人なら職場でからかわれるよりは心配されるケースの方が多いのではないでしょうか。
「肌が白い=不健康」のイメージが強いので、大人であれば多少は受け流しのスキルも必要です。

 

職場で執拗にバカにされるとかは、そこにいる人間のレベルや環境が悪いとしか言いようがありません。

 

いずれにせよ、肌が白いというだけで余計な心配をされたり、からかわれて傷つけられるのも色白肌の悩みとなるものです。

Sponsored Link

色白だと病弱に見えて「病気?」って聞かれたりする関連ページ

ヒゲが濃く見えたり青髭になる
色白肌の人は特別毛深くなくてもヒゲが濃いように見えたり、髭剃りをした後でも青髭になりやすくなってしまいます。
全身の産毛が目立つ
肌が白い人は男女問わず、全身のムダ毛が目立ちやすくなり、処理も大変です。
肌の白さを指摘される
美白に憧れる女性にとっては褒め言葉になるかもしれませんが、肌が白いことを気にしている人にとっては言われたくないものです。
キモイと言われる
ただ色が白いというだけで全然知らない人から「キモイ」なんて言われることもあります。
日焼けしたくてもできない
肌が白いと日焼けをしてもなかなかキレイなブロンズ肌にはなりません。むしろ色々な肌トラブルを招くことが多いです。
シミやそばかすができやすい
肌が白い人は地黒の人と比べてシミやそばかすができやすいです。そのため、色白肌を改善するための日焼けができないことも多いのではないでしょうか。
日サロだと不自然な黒さになる
肌が白い人が日焼けサロンでいきなり小麦肌になると違和感があって不自然になりがちです。