色白 ムダ毛

Sponsored Link

肌が白いとムダ毛が目立つ

色白肌だと男女問わず、体毛が目立ってしまいます。
誰でも産毛程度なら生えているものですが、肌が白すぎると単なる産毛も濃いムダ毛のように目立ってしまい毛深い人と思われがちです。

 

男性の場合は全身にうっすら毛が生えていたりしても不自然にはなりませんし、すね毛とかならボーボーでも気にはなりません。
しかし、女性でしたら極端に毛深くなくても全身の毛が目立ってしまうのは悩みになるのではないでしょうか。

 

色黒だったら産毛はほとんど見えませんし多少毛深くてもわかりにくいので、肌が白すぎるせいで毛が目立ってしまうのはショックです。
特に肌をキレイに保ちたい女性にとっては、健康的で美しい美白肌をキープしつつ余計な毛が生えないようにするのは苦労が多いでしょう。

 

産毛程度なら色黒になれば目立たなくなりますが、過度に黒くなりたくない場合は脱毛一択です。
男性と違って、「体毛が濃い」「すね毛もワキ毛もボーボー」という状態は辛いですから脱毛は欠かせないでしょう。

 

自分は男で胸毛やギャランドゥもモジャモジャでしたから、色白肌とあわせてかなり剛毛でした。
特別毛深いと肌の色はもはや関係ないですが、すね毛とかは色白でなかったら多少は目立たなかったかもしれません。

体毛の処理をすると毛穴が目立つ

ムダ毛をどういった方法で処理するかにもよりますが、産毛や体毛を抜いたり剃ったりすると毛穴が皮膚表面に残ります。
ここでも色白ゆえの問題があって、肌の毛穴のポツポツが目立ってしまいます。

 

毛抜きでの自己処理は埋没毛の原因にもなってしまい、しかも肌が白すぎると埋もれ毛もかなりわかりやすいです。

 

毛量や毛の密度にもよりますが、カミソリで剃った場合もポツポツと黒い点が残ったりします。
肌が弱い人だと毛穴が炎症して、赤くなったりすることも珍しくありません。

 

不自然なくらい白い肌に、剃り残しの黒い点や赤いぶつぶつがある状態は自分で見てても嫌になるほどです。

 

男性でも女性でもムダ毛処理をする時まで色白肌が余計なトラブルを運んできます。
ですから、「産毛程度なら生えていても気にしない」という人は下手な自己処理はしないほうがベターです。

 

日常的にムダ毛処理をしたい場合でも、肌に負担をかけないやり方や頻度でおこなうのがいいでしょう。

 

毛深いからキレイにしたいという時は、脱毛以外まともな方法はないと思います。
自分的に一番よかったのはレーザー脱毛です。

 

脱毛直後の炎症は誰でもあるので受け入れるしかないとして、毛がなくなれば毛穴が引き締まるのが大きなメリットです。
抜いたり剃ったりした時とは違って、レーザーによって死んだ毛の毛穴はなくなります。

 

不格好にポツポツが残ることもないので、色白かつ体毛が濃い悩みがある人なら得るものも大きいでしょう。

Sponsored Link

色白だとムダ毛や産毛が目立つ関連ページ

ヒゲが濃く見えたり青髭になる
色白肌の人は特別毛深くなくてもヒゲが濃いように見えたり、髭剃りをした後でも青髭になりやすくなってしまいます。
肌の白さを指摘される
美白に憧れる女性にとっては褒め言葉になるかもしれませんが、肌が白いことを気にしている人にとっては言われたくないものです。
病気の心配をされることも?
肌色が極端に白すぎると、どこも悪くなくても「病気?」と心配されたりします。病弱な人に見られやすいのでしょう。
キモイと言われる
ただ色が白いというだけで全然知らない人から「キモイ」なんて言われることもあります。
日焼けしたくてもできない
肌が白いと日焼けをしてもなかなかキレイなブロンズ肌にはなりません。むしろ色々な肌トラブルを招くことが多いです。
シミやそばかすができやすい
肌が白い人は地黒の人と比べてシミやそばかすができやすいです。そのため、色白肌を改善するための日焼けができないことも多いのではないでしょうか。
日サロだと不自然な黒さになる
肌が白い人が日焼けサロンでいきなり小麦肌になると違和感があって不自然になりがちです。